全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

1961

Onna ha nido umareru

女は二度生まれる

A Geisha’s Diary

(c)KADOKAWA CORPORATION 1961

(c)KADOKAWA CORPORATION 1961

公開日
1961年7月28日
上映時間
99 分
ジャンル
劇映画
カラー
Color
上映フォーマット
-,U-maticSP
スクリーンサイズ
Cinema Scope (1:2.35)
字幕
英語

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

大映

【配給会社(国内)】

大映

【解説】

芸なし芸者の小えん(若尾文子)は、本能の赴くまま気のむくまま行動する天衣無縫の性格。そんな彼女が初めて知った女の本当の幸せとは?
富田常雄の「小えん日記」より井手俊郎、川島雄三による共同シナリオで映画化。無知で無欲な可愛い女小えんを若尾文子が演じ、名匠 川島雄三が大映で初めてメガホンをとった作品。
三十五枚にもわたる絢爛な衣装、端唄と小唄を初披露するなど若尾の魅力満載!

【KADOKAWA公式サイトの作品紹介ページより】

【海外窓口】

(株)KADOKAWA
文芸・映像事業局 海外営業課

102-8177 東京都千代田区富士見 2-13-3
代表:松原眞樹(代表取締役社長)
担当:森 千代
tel: 050-1746-1220
E-mail: mori-c@kadokawa.jp
http://www.kadokawa.co.jp


関連作品

しとやかな獣

しとやかな獣 (1962)

監督
川島雄三
キャスト
若尾文子, 伊藤雄之助, 山岡久乃

芸能プロ会計係三谷幸枝は肉体をエサに男たちから金を巻き上げるしたたかな女。男から男を渡り歩き金を巻き上げる、それもすべて長年の夢である旅館開業を実現させるためだった・・・。 美しい顔とは裏腹な悪女に徹した若尾文子は、この作品でさらに演技の幅を広げた。高度経済成長の真っ只中の戦…

劇場公開日
1962年12月26日
放浪記 

放浪記  (1962)

監督
成瀬巳喜男
キャスト
高峰秀子, 宝田明, 加東大介

ベストセラーとなり戯曲化もされた林芙美子の自伝的小説を成瀬巳喜男監督が映画化。行商人の娘として生まれたヒロイン・ふみ子が、貧困にあえぐなかでカフェの女給などをしながら詩作に励み、やがて文壇で脚光を浴びるまでを描く。成瀬作品としては『あらくれ』に次ぐ、女性の“一代記もの”であり、ふ…

劇場公開日
1962年9月29日
流れる

流れる (1956)

監督
成瀬巳喜男
キャスト
田中絹代, 山田五十鈴, 高峰秀子

幸田文の同名小説を、『めし』『晩菊』に続いて田中澄江と井手俊郎が共同で脚本を担当し、成瀬巳喜男監督が映画化。柳橋界隈の花街を舞台に、芸者置屋で働く女中の目を通して、そこに集う女たちの悲喜劇を描く。出演は『愛染かつら』の田中絹代、『祇園の姉妹』の山田五十鈴、『浮雲』の高峰秀子、『晩…

劇場公開日
1956年11月20日
峠 最後のサムライ

峠 最後のサムライ (2020)

監督
小泉堯史
キャスト
役所広司, 松たか子, 仲代達矢

“最後のサムライ”と称される英雄・河井継之助の姿を描いた、司馬遼太郎の名著「峠」の初映画化作品。監督・脚本は、数々の黒澤明作品に助監督として携わってきた小泉堯史。 1867年、徳川幕府は終焉を迎え、諸藩は東軍と西軍に二分されていった。長岡藩の家老・河井継之助(役所広司)は、武装…

劇場公開日
2021年7月1日