全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2007

Dororo

どろろ

DORORO

(c)2007映画「どろろ」製作委員会

(c)2007映画「どろろ」製作委員会

(c)2007映画「どろろ」製作委員会

(c)2007映画「どろろ」製作委員会

公開日
2007年1月27日
上映時間
138 分
ジャンル
アクション・冒険 , 劇映画 , 長編
カラー
Color
上映フォーマット
35mm
サウンドプロセッシング
Dolby SR

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

映画「どろろ」製作委員会

【解説】

日本漫画界の巨匠、手塚治虫原作の怪奇漫画を実写映画化し、総製作費20億円を費やしたアクション超大作。原作は戦国時代が舞台だが、映画では神話的な設定に換え、不偏的な物語になった。
戦乱の時代を統一するため、48匹の魔物に力を借りた武将、醍醐影光は、その代償として、生まれてくる我が子の肉体を捧げるという約束を交わす。結果、手足、目、鼻、口など全身48か所を奪われた無残な姿で生まれてきた赤ん坊は、影光によって捨てられてしまう。
20年後、両腕に刃を仕込み魔物と戦う百鬼丸(妻夫木聡)の姿があった。百鬼丸の左腕の妖刀を狙う野盗、どろろ(柴咲コウ)と共に自分の肉体を奪った魔物を倒し、失った体を取り戻す旅を続けていたのだ。旅の途中、百鬼丸は、自分の肉体を魔物へ捧げた父、影光の存在を知り、二人はついに、どろろの両親の仇でもある影光と対峙する。
監督は、『黄泉がえり』の塩田明彦。

【公式サイト】

http://www.dororo.jp/

【海外窓口】

この作品については、こちらからお問い合わせください。→お問い合わせ