全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2007

Life -Tengoku de Kimi ni Aetara

Life 天国で君に逢えたら

Life Tears in Heaven

(c)2007 「Life 天国で君に逢えたら」製作委員会

(c)2007 「Life 天国で君に逢えたら」製作委員会

(c)2007 「Life 天国で君に逢えたら」製作委員会

(c)2007 「Life 天国で君に逢えたら」製作委員会

公開日
2007年8月25日
上映時間
118 分
ジャンル
ドラマ , 劇映画 , 長編
カラー
Color
上映フォーマット
35mm
サウンドプロセッシング
Dolby Surround

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

「Life 天国で君に逢えたら」製作委員会, 東宝, TBS, 電通, MBS, CBC, RKB, HBC, サニーサイドアップ, 朝日新聞社, Yahoo! JAPAN

【解説】

日本で唯一、8年間ワールドカップに出場し続けたプロウインドサーファー飯島直樹。彼の半生と、彼を支え続けた妻・寛子の献身的な姿を描く。原案は飯島がガンと宣告された後に綴った小説「天国で君に逢えたら」、エッセイ「ガンに生かされて」。
ウインドサーファーのプロを目指し、世界中を旅する飯島直樹(大沢たかお)と彼を応援する妻・寛子(伊東美咲)。レースに勝てず、その日暮らしの毎日だが、寛子は文句も言わず、彼を励まし続けた。ふたりの夢は叶い、直樹はワールドカップで優勝を果たす。活躍は続き、4人の子供にも恵まれた直樹に突然、悲劇が襲う。彼の体は癌に侵されていた。病状は悪化。余命3カ月を宣告された直樹は、もう一度、波に乗ることを決意し、見事に成し遂げる。困難に立ち向かい、最期まで諦めなかった直樹の勇姿を目の当たりにした家族は、彼の亡き後も力強く生きていくことを決意する。

【公式サイト】

http://www.life-tenkimi.jp/index.html

【海外窓口】

この作品については、こちらからお問い合わせください。→お問い合わせ