全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2018

Suzukike no uso

鈴木家の嘘

Lying to Mom

(c)松竹ブロードキャスティング

(c)松竹ブロードキャスティング

(c)松竹ブロードキャスティング

(c)松竹ブロードキャスティング

公開日
2018年11月16日
上映時間
133 分
ジャンル
ドラマ , 劇映画
カラー
Color
上映フォーマット
DCP
字幕入り上映
フォーマット
英語 (DCP)

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

松竹ブロードキャスティング

【配給会社(国内)】

松竹ブロードキャスティング, ビターズ・エンド

【解説】

悲しみから再生しようとする家族の姿を、ユーモアも交えて描いたヒューマンドラマ。『舟を編む』『嘘を愛する女』などで助監督を務めてきた野尻克己が、自身のオリジナル脚本を基にした本作で監督デビューを果たした。
ある日突然、自らこの世を去った鈴木家の長男・浩一(加瀬亮)。ショックのあまり記憶を失っ母・悠子(原日出子)のため、遺された父・幸男(岸部一徳)と長女・富美(木竜麻生)は一世一代の嘘をつく。

【公式サイト】

http://www.suzukikenouso.com

【映画祭・受賞歴】

2018 東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門 作品賞、東京ジェムストーン賞(木竜麻生)

【海外窓口】

松竹(株)
104-8422 東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル13F
担当:佐藤究
tel: 03-5550-1623
fax: 03-5550-1654
E-mail: ibd@shochiku.co.jp
http://www.shochiku.co.jp


関連作品

菊とギロチン

菊とギロチン (2017)

監督
瀬々敬久
キャスト
木竜麻生, 東出昌大, 寛一郎

戦後恐慌、関東大震災の混沌のなかで、時代に翻弄されながらもそれぞれの生きる意味を模索した民衆たちを描く群像劇。監督は、『ヘヴンズ ストーリー』の鬼才・瀬々敬久。 関東大震災後の東京近郊。震災の避難民や孤児があふれるこの土地に、女相撲“玉岩興行”の一座がやってくる。刹那的な生活を…

劇場公開日
2018年7月7日
この道

この道 (2019)

監督
佐々部清
キャスト
大森南朋, AKIRA, 貫地谷しほり

数々の傑作童謡を生み出した詩人・北原白秋と音楽家・山田耕筰。表題にも採った「この道」をはじめ、2人の合作の誕生秘話を温かなタッチで綴った伝記ドラマ。監督は、『半落ち』で日本アカデミー賞最優秀作品賞、優秀監督賞を受賞した佐々部清。 大正7年。奔放な天才詩人・北原白秋(大森南朋)は…

劇場公開日
2019年1月11日
ビジランテ

ビジランテ (2017)

監督
入江悠
キャスト
大森南朋, 鈴木浩介, 桐谷健太

「SR サイタマノラッパー」シリーズ、『22年目の告白―私が殺人犯です―』の入江悠監督が企画したオリジナル作品。地方都市を舞台に、悪循環から逃れられない男たちを描く。 幼い頃に失踪した長男・一郎(大森南朋)。市議会議員の次男・二郎(鈴木浩介)。デリヘル業の雇われ店長の三男・三郎…

劇場公開日
2017年12月9日
正しく生きる

正しく生きる (2015)

監督
福岡芳穂
キャスト
岸部一徳, 柄本明, 水本佳奈子

京都造形芸術大学の学生とプロのスタッフ・キャストによる映画制作プロジェクト“北白川派映画運動”の第5弾作品。放射性物質を組み込んだオブジェで無差別テロを企む男性をはじめ、さまざまな事情を抱えた登場人物たちが奔走する群像劇。 高名な美術家の柳田(岸部一徳)は、放射性物質を放つオブ…

劇場公開日
2015年3月7日