全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2019

Oishii kazoku

おいしい家族

My Father, the Bride

(c)2019「おいしい家族」製作委員会

(c)2019「おいしい家族」製作委員会

公開日
2019年
上映時間
95 分
ジャンル
コメディ , ドラマ , 劇映画
カラー
Color
上映フォーマット
-

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

日活, ハピネット

【配給会社(国内)】

日活

【制作会社】

ファインエンターテイメント

【解説】

仕事も結婚も上手くいかない美容部員・友川橙花は、母の3回忌のために島へ帰省する。そこで待ち受けていたのは、女性の格好をした父・青治だった。呆然とする橙花に、青治は島の何でも屋の男・藤田和生と結婚すると宣言。さらに和生は、女子高生の娘・ダリアを持つ子持ちだという。全く状況を理解できない橙花だったが、スリランカ人の妻を持つ弟・翠は賛成し家族は祝福モードになっていく。
青治の動向を探ろうと出かけた橙花は、ダリアの同級生・夏野瀧と出会う。島民のほとんどが青治の女装を受け入れている中で、瀧だけは青治の女装を受け入れていなかった。女装を変だと感じるのは自分だけではないことに安心しつつも、納得のいかない橙花は和生に結婚の理由を問いただす。そこで和生から、青治は本気で母になろうとしているのではないかという話を聞く。
そんなある日、突如として瀧が髪の毛をピンク色に染めて登校する。顔には痣まで出来た瀧を見て、生徒たちはざわつき始める。瀧はダリアに「この島から出て自由に生きていく」と話し、二人は島を出ようとするが―。
父の結婚から始まる家族と島の騒動に愛と平和は訪れるのか!?

【海外窓口】

日活(株)
版権営業部 国際事業チーム

113-0033 東京都文京区本郷3-28-12
担当:川合絵海子、古川真実、加藤拓
tel: 03-5689-1014
fax: 03-5689-1044
E-mail: international@nikkatsu.co.jp
http://www.nikkatsu.com