全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

1965

Tokyo paralympics Ai to eiko no saiten

東京パラリンピック 愛と栄光の祭典

Tokyo Paralympics, Festival of Love and Glory

公開日
1965年5月15日
上映時間
63 分
ジャンル
ドキュメンタリー
カラー
Monochrome
上映フォーマット
-

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

【配給会社(国内)】

KADOKAWA

【制作会社】

大映

【解説】

1964年、東京オリンピックは成功のうちに終わった。街が再び落ち着きを取り戻した頃、確かな意義に支えられたもうひとつのスポーツ大会が開幕する。国際身体障害者スポーツ大会。その第一部、下半身麻痺のため車椅子で生活する競技者を対象にした国際大会は、東京パラリンピックという愛称で親しまれた。
パラリンピックに参加するため、身体障がい者の更生指導所では、車椅子に乗ってスポーツに励む人たちがいる。交通事故にあった人、戦争で負傷した人、病気で下半身が麻痺した人、それぞれに車椅子で生活することになった背景を語ってくれる。しかし、スポーツをするその顔に暗さはない。
大会直前、各国の選手が来日する中にはグットマン博士の姿もある。海外の選手たちはみな明るく、日本の選手たちは彼らとの交流を通じて、社会福祉制度の違いを感じつつも、社会復帰への意識を強めていく。そして皇太子・皇太子妃両殿下(当時)が見守る中、いよいよ東京パラリンピックが幕を開ける。開催前の和やかな雰囲気から一転、真剣な表情で競技に臨む選手たち。近年のパラリンピックのような超人的な身体性こそないものの、己自身に挑戦しようとする闘志は、ありありと見て取れる。そして各国の選手が手を取りながら合唱し、東京パラリンピックは幕を閉じる。

【海外窓口】

(株)KADOKAWA
映像事業局 海外製作部

102-8177 東京都千代田区富士見 2-13-3
代表:松原眞樹(代表取締役社長)
担当:古月悦子
tel: 050-1746-1220
E-mail: furutsuki-e@kadokawa.jp
http://www.kadokawa.co.jp


関連作品

HOKUSAI

HOKUSAI (2020)

監督
橋本一
キャスト
柳楽優弥, 田中泯, 永山瑛太

幕府によって抑圧されていた江戸時代の絵師・葛飾北斎の生涯を青年期と老年期に分けて描いたヒューマンドラマ。「探偵はBARにいる」シリーズの橋本一が監督を務める。 貧乏生活を送っていた北斎(柳楽優弥)。喜多川歌麿(玉木宏)らの台頭により、自分の絵を見失う北斎だったが、浮世絵版元の蔦…

劇場公開日
2021年
さんかく窓の外側は夜

さんかく窓の外側は夜 (2020)

監督
森ガキ侑大
キャスト
岡田将生, 志尊淳, 平手友梨奈

心理探偵の活躍を描くミステリー。監督は、『おじいちゃん、死んじゃったって。』が第30回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門に選出された森ガキ侑大。 書店員の三角康介(志尊淳)は幼いころから幽霊が見える特異体質に悩まされていた。ある日、三角は除霊師の冷川理人(岡田将生)と出会…

劇場公開日
2021年
犬王

犬王 (2021)

監督
湯浅政明
キャスト

京の都、近江猿楽の比叡座の家に一人の子どもが生まれた。 後に室町時代の民衆を熱狂させる能楽師【犬王】。 しかしその姿はあまりに奇怪で、大人たちは子の全身を衣服で包み、顔には面を被せた。 ある日、犬王はひとりの少年と出会う。彼は琵琶法師で、名を【友魚】(ともな)と言った。 …

劇場公開日
2021年
キネマの神様

キネマの神様 (2021)

監督
山田洋次
キャスト
沢田研二, 菅田将暉, 永野芽郁

松竹映画100周年を記念した人間ドラマ。監督は「男はつらいよ」シリーズや、第64回ベルリン国際映画祭で銀熊賞を受賞した『小さなおうち』を手がけた名匠・山田洋次。 ゴウ(沢田研二)はギャンブル好きが高じて妻・淑子(宮本信子)や家族に見放されていた。映画を愛する若き日のゴウ (菅田…

劇場公開日
2021年