全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2008

Last Game saigo no So-Kei sen

ラストゲーム 最後の早慶戦

The Last Game

(c)2008「ラストゲーム 最後の早慶戦」製作委員会

(c)2008「ラストゲーム 最後の早慶戦」製作委員会

(c)2008「ラストゲーム 最後の早慶戦」製作委員会

(c)2008「ラストゲーム 最後の早慶戦」製作委員会

公開日
2008年8月23日
上映時間
96 分
ジャンル
ドラマ , 劇映画
カラー
Color
上映フォーマット
35mm
スクリーンサイズ
American Vista (1:1.85)
サウンドプロセッシング
Dolby SR

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

「ラストゲーム 最後の早慶戦」製作委員会, シネカノン, 東急レクリエーション, シネマ・インヴェストメント, 日本経済広告社, Yahoo! JAPAN

【配給会社(国内)】

シネカノン

【制作会社】

シネカノン

【解説】

史実に基づく伝説的な“ラストゲーム”を題材に第二次世界大戦下の日本を生きる青春群像を描く。監督は戦争を背景にしたヒューマニズム溢れる作品で知られるヴェテラン神山征二郎。
1943年、アメリカとの戦争に突入した日本で野球は“敵国のスポーツ”として禁止され、当時国民の間で絶大な人気を誇った早稲田大学と慶応大学の試合(早慶戦)も例外ではなかった。しかし、そんな苛酷な状況のなか、いつ兵士として招集され、命を落とすとも限らない学生たちの将来を思い、彼らを壮行するための“最後の早慶戦”の実現に向けて、早稲田大学野球部顧問・飛田穂洲(柄本明)と慶応義塾大学塾長・小泉信三(石坂浩司)が中心になって動く。同年10月13日、ついに試合が行われ、早稲田の中心選手の一人として兄を戦争で失った戸田順治(渡辺大)の姿もグランドにあった。試合後、両校の応援団から相手校の校歌や応援歌が斉唱され、互いにエールを送る感動的な場面が繰り広げられる。

【公式サイト】

http://www.lastgame-movie.jp/

【海外窓口】

(株)ジェイ・シネカノン
105-0001 東京都港区虎ノ門3-6-2 第2秋山ビルディング8F
代表:丁廣鎮
tel: 03-5408-6176
fax: 03-5408-6074
http://www.j-cqn.co.jp