全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2008

Buta ga ita kyoshitsu

ブタがいた教室

School Days with a Pig

(c)2008「ブタがいた教室」製作委員会

(c)2008「ブタがいた教室」製作委員会

(c)2008「ブタがいた教室」製作委員会

(c)2008「ブタがいた教室」製作委員会

公開日
2008年11月1日
上映時間
109 分
ジャンル
ドラマ , その他
カラー
Color
上映フォーマット
35mm
スクリーンサイズ
American Vista (1:1.85)
サウンドプロセッシング
Dolby SR

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

「ブタがいた教室」製作委員会

【配給会社(国内)】

日活

【制作会社】

日活撮影所

【解説】

1990年、大阪の小学校で実際に行われた授業をもとに、真の食育を問いかけるドキュメンタリー・タッチのドラマ。2008年東京国際映画祭コンペティション部門観客賞、並びにTOYOTA Earth Grand Prixを受賞した。
4月、とある小学校の教室に仔ブタが運び込まれる。ブタの飼育を通じて、子供たちに生命について伝えたいと願う新人教師、星(妻夫木聡)の行動だった。校長(原田美枝子)や教頭(大杉漣)はこの提案に戸惑いながらも許可を出す。星の担任クラス、6年2組の生徒たちは小屋を手作りし、Pちゃんという名前を付け、交代で世話をする。Pちゃんは数々の騒動を起こすが、子供たちがブタにかける愛情は日に日に深くなっていった。月日は過ぎ、卒業の日が近づいてくる。子供たちはブタの処遇をめぐって下の学年に引き継いで飼育を継続してもらうなど、さまざまな案を出したが、最後の投票で子供たちと星は“Pちゃんを食べる”という結論を下す。

【公式サイト】

http://www.butaita.jp

【映画祭・受賞歴】

東京国際映画祭 2008 コンペティション部門 観客賞

TOYOTA Earth Grand Prix 審査員賞

【海外窓口】

この作品については、こちらからお問い合わせください。→お問い合わせ