全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2007

Park and Love Hotel

パーク アンド ラブホテル

Asyl

(c)PFFパートナーズ

(c)PFFパートナーズ

(c)PFFパートナーズ

(c)PFFパートナーズ

(c)PFFパートナーズ

(c)PFFパートナーズ

(c)PFFパートナーズ

(c)PFFパートナーズ

公開日
2008年4月26日
上映時間
111 分
ジャンル
ドラマ , 子供・家族 , 劇映画
カラー
Color
上映フォーマット
35mm
スクリーンサイズ
American Vista (1:1.85)
サウンドプロセッシング
Mono

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

ぴあ, 東京放送, エフエム東京, IMAGICA, ヒューマックスシネマ, エイベックス・エンタテインメント

【配給会社(国内)】

マジックアワー

【解説】

監督はぴあフィルムフェスティバル2005 PFFアワードにおいて審査員特別賞、企画賞、クリエイティブ賞をトリプル受賞した熊坂出。第17回PFFスカラシップ作品。2008年ベルリン国際映画祭最優秀新人作品賞受賞。日本の女性シンガーソングライターの先駆者であり、数々の映画に出演してきたりりィが初の本格的主演を果たした。
艶子(りりィ)の経営するひなびたラブホテルの屋上には小さな公園があり、子どもや老人が集って日々過ごしていた。そんな不思議なラブホテルと艶子のもとを女性たちが訪れる。ポラロイドカメラを片手に持った少女、毎朝のウォーキングの歩数をメモしたノートを探す女性、そしてホテルの常連客でありいつもアタッシュケースを持ち歩いている女子大学院生。それぞれの抱えている孤独を見抜いてさりげなく支える艶子との交流の中で、3人の女性は自らの問題を乗り越えていく。そして艶子もまた、自らの問題に立ち向かおうとするのだった。

【公式サイト】

http://pff.jp/park/index.html

【プレミア表記】

インターナショナルプレミア: 釜山国際映画祭

【映画祭・受賞歴】

ベルリン国際映画祭2008 最優秀新人監督賞

【海外窓口】

この作品については、こちらからお問い合わせください。→お問い合わせ


関連作品

リルウの冒険

リルウの冒険 (2012)

監督
熊坂出
キャスト
ジャバテ璃瑠, 仲村渠さえら, ラミン・ユール・ジャバテ

『パーク アンド ラブホテル』で、第58回ベルリン国際映画祭最優秀新人賞に輝いた熊坂出監督の長編第2作。演技経験のない子役を起用し、少女たちの友情をナチュラルに瑞々しいタッチで紡ぐ。第6回シネマデジタルソウル国際映画祭のグランプリと国際批評家賞を受賞。 ギニア人と日本人の両親を…

劇場公開日
2014年8月23日
不審者

不審者 (2016)

監督
熊坂出
キャスト
相楽樹, 中村祐志, 育乃介

全4話のミステリアスなオムニバス『スリリングな日常』の1編。恋多き女子大生が、謎の不審者に狙われる恐怖を描く。監督は、『パーク アンド ラブホテル』が第58回ベルリン国際映画祭の最優秀新人作品賞に輝いた熊坂出。 女子大生の奈々美(相楽樹)は、恋人の茂(育乃介)のほかに、一児の母…

劇場公開日
2016年6月25日
人狼ゲーム

人狼ゲーム (2013)

監督
熊坂出
キャスト
桜庭ななみ, 太賀, 竹富聖花

ヨーロッパの伝統的な遊びで、近年日本でも人気に火がついた“人狼ゲーム”をモチーフにしたスリラー。監督は、『パーク アンド ラブホテル』が第58回ベルリン国際映画祭で、日本人初の最優秀新人作品賞を受賞した熊坂出。 高校2年生の仁科愛梨(桜庭ななみ)は、下校中に拉致され、目が覚める…

劇場公開日
2013年10月26日
茅ヶ崎物語~MY LITTLE HOMETOWN~

茅ヶ崎物語~MY LITTLE HOMETOWN~ (2017)

監督
熊坂出
キャスト
宮治淳一, 中沢新一, 加山雄三

桑田佳祐の同級生で“サザンオールスターズ”の名付け親でもある宮治淳一と、アースダイブという手法で土地の過去を遡る人類学者の中沢新一が、加山雄三をはじめとするミュージシャンや文化人など、数多くの著名人を輩出している芸能の地“茅ヶ崎”の魅力と謎を解き明かす。さらに、ドラマパートでは、…

劇場公開日
2017年9月16日