検索エリアを開く閉じる

全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

ニセ札

Counterfeit

2009

Nisesatsu

(c)2009『ニセ札』製作委員会

(c)2009『ニセ札』製作委員会

(c)2009『ニセ札』製作委員会

(c)2009『ニセ札』製作委員会

公開日 : 2009年4月11日
上映時間 : 94 分
ジャンル : ドラマ , 劇映画

カラー : Color
上映フォーマット : 35mm
スクリーンサイズ : American Vista (1:1.85)
サウンドプロセッシング : Dolby Digital

【監督】 木村祐一

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

『ニセ札』製作委員会, シグロ

【配給会社(国内)】

ビターズ・エンド

【制作会社】

シグロ

【解説】

お笑い芸人、構成作家、俳優とマルチに活躍する木村祐一が、キャストも兼ねて長編監督デビューを果たしたサスペンス・ドラマ。終戦直後の山梨県で実際に起こった事件をモチーフに、貧しい村人たちが偽札作りに関わることになる過程を、風刺を効かせてユーモラスに追って行く。テンポのいいオリジナル脚本は『リンダ リンダ リンダ』の向井康介、『ラザロ』の井土紀州、共同執筆に木村監督も参加した。
 昭和25年。和紙の生産が盛んな山村の教師・かげ子(倍賞美津子)の元に、かつての教え子でブローカーの大津(板倉俊之)がやって来る。彼に新千円札の偽造を持ち掛けられたかげ子は仰天。犯罪には加担しないと突っぱねるが、知的障がい者である息子・哲也(青木崇高)のことや、村人の苦しい暮らしぶりを思い、次第に心を揺らし始める。やがて村の名士・戸浦(段田安則)からも説得されたかげ子は、計画に乗ることを決意。印刷機購入のための資金集めを任され、村ぐるみのニセ札作りが始まった。

【公式サイト】

http://www.cinemacafe.net/official/nisesatsu/

【プレミア表記】

インターナショナルプレミア: モントリオール世界映画祭2009

【海外窓口】

この作品については、こちらからお問い合わせください。→お問い合わせ