全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2009

Nankyoku ryorinin

南極料理人

The Chef of South Polar

(c)2009「南極料理人」製作委員会

(c)2009「南極料理人」製作委員会

(c)2009「南極料理人」製作委員会

(c)2009「南極料理人」製作委員会

(c)2009「南極料理人」製作委員会

(c)2009「南極料理人」製作委員会

公開日
2009年8月8日
上映時間
125 分
ジャンル
コメディ , ドラマ , 子供・家族 , 劇映画
カラー
Color
上映フォーマット
35mm
スクリーンサイズ
American Vista (1:1.85)
サウンドプロセッシング
DTS

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

「南極料理人」製作委員会

【配給会社(国内)】

東京テアトル

【解説】

実際に海上保安庁の調理担当として南極観測隊に参加し、特異な経験を積んだ西村淳の痛快エッセイ「面白南極料理人」を心温まるコメディとして映画化。ウィルスでさえ生存できない厳寒の地・南極で、究極の単身赴任生活を送った男8人の日常をユーモラスに描く。フレンチのフルコースから手打ちラーメンまで、隊員の胃袋と心を満たす料理の数々が心に残る。
平均気温マイナス54度。昭和基地からも遠く離れた南極ドームふじ基地に8人の観測隊員が赴任するが、ここでは食事ぐらいしか楽しみがないため、コックの西村(堺雅人)の責務は重大。雪氷学者の本さん(生瀬勝久)や気象学者のタイチョー(きたろう)といった仲間たちを心尽くしの料理でサポートしていた。だが、新たな食材が調達できない状況では、毎日のメニューに変化をつけるのは至難の業。西村は日本に残してきた妻・みゆき(西田尚美)と子ども2人を思いながら、工夫を凝らして食卓を守り続ける。

【公式サイト】

http://nankyoku-ryori.com/

【海外窓口】

この作品については、こちらからお問い合わせください。→お問い合わせ