全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2004

Fuon

風音

The Crying Wind

公開日
2004年7月31日
上映時間
106 分
ジャンル
劇映画
カラー
Color
上映フォーマット
35mm

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

シグロ

【解説】

マサシは、母・和江(つみきみほ)につれられ、和江の故郷・沖縄の小さな島を訪れる。そこでは、浜辺の風葬場から不思議な音が聞こえた。その音とは、特攻隊員の頭蓋骨に空いた穴に風がとおる音であり、地元の人はこの頭蓋骨を「なきうんかみ」と呼んでいた。ある日、マサシは島の少年たちと釣りにでかけ、そこである賭けをするが、その賭けをきっかけに「なきうんかみ」から音がしなくなってしまう。そのころ、志保(加藤治子)が特攻隊員で亡くなった恋人の消息を探しに島に来た。アキラの祖父の清吉おじーは、この女性の亡くなった恋人の頭蓋骨こそが「なきうんかみ」だと知りつつも、最後まで沈黙を守る。彼はタンスの奥にしまってあった、その特攻隊員の万年筆を風葬場の亡骸の近くに埋める。沖縄出身の芥川賞作家である原作者・目取真俊が自ら脚本を手掛け、『わたしのグランパ』の東陽一監督が映画化した。

【海外窓口】

(株)シグロ
164-0001 東京都中野区中野5-24-16-210
代表:山上徹二郎
tel: 03-5343-3101
fax: 03-5343-3102
E-mail: siglo@cine.co.jp
http://www.cine.co.jp