全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2004

Akai Tsuki

赤い月

RED MOON

(C)2004 東宝・日本テレビ・電通・読売テレビ・読売新聞社・日本出版販売・SDP

(C)2004 東宝・日本テレビ・電通・読売テレビ・読売新聞社・日本出版販売・SDP

(C)2004 東宝・日本テレビ・電通・読売テレビ・読売新聞社・日本出版販売・SDP

(C)2004 東宝・日本テレビ・電通・読売テレビ・読売新聞社・日本出版販売・SDP

公開日
2004年2月7日
上映時間
111 分
ジャンル
劇映画
カラー
Color
上映フォーマット
35mm

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

東宝, 日本テレビ, 電通, 読売テレビ, 読売新聞社, 日販, S・D・P

【解説】

森田波子(常盤貴子)は夫と共に小樽から満州に渡り、「森田酒造」を満州有数の造り酒屋に育て上げ、優雅な生活を送っていた。夫と子に恵まれてはいても、波子は恋多き女だった。かつての恋人である軍人・大杉との再会、関東軍秘密情報機関の諜報員・氷室への淡い恋心。しかし1945年8月、ソ連軍の侵攻が始まる。崩壊した森田酒造を後に波子は2人の子供を抱え、夫の行く先である哈爾浜へ向かうが、そこで彼女が目の当たりにするのは夫の死や日本の敗戦など苦しい現実ばかりだった。そんな折、阿片で全身を蝕まれた氷室が波子の前に現れる。阿片中毒から彼を救うことにすべてを傾けながら、かつての恋心を膨らませていく波子。無事に回復した氷室と波子は互いの愛を確かめ合うが、彼を残し、2人の子供を連れて波子は日本へと帰っていく。監督は、『鉄道員(ぽっぽや)』で日本アカデミー賞3部門を受賞した降旗康男。

【海外窓口】

東宝(株)
国際部

100-8415 東京都千代田区有楽町1-2-2
担当:竹田晃洋
tel: 03-3591-3530
fax: 03-3591-6610
E-mail: tohointl@toho.co.jp
http://www.toho.co.jp


関連作品

カクト

カクト (2002)

監督
伊勢谷友介
キャスト
伊勢谷友介, 伊藤淳史, 高野八誠

俳優としても活躍する伊勢谷友介の監督デビュー作。また、『幻の光』や『ワンダフルライフ』などの監督作で海外でも高い評価を受ける是枝裕和の初プロデュース作品でもある。 仲間内では一目置かれる存在のリョウ(伊勢谷友介)は、彼の誕生日の夜に、偶然訪ねてきたマコトと、リョウの幼なじみナ…

劇場公開日
2003年7月26日
劔岳 点の記

劔岳 点の記 (2009)

監督
木村大作
キャスト
浅野忠信, 香川照之, 松田龍平

直木賞作家・新田次郎の骨太な山岳小説を、同氏原作の『八甲田山』では撮影を担当したベテランカメラマン・木村大作の初メガホンで実写化。明治末期の実話をベースに、命を賭けて北アルプスの劔岳の測量に挑んだ人々の情熱をドキュメンタリータッチで描く。空撮やCGに頼らず、2年の歳月を費やして現…

劇場公開日
2009年6月20日
憑神

憑神 (2007)

監督
降旗康男
キャスト
妻夫木聡, 西田敏行

浅田次郎の同名小説原作を、『藏』『ホタル』の降旗康男監督が映画化。日本アカデミー賞2000年最優秀作品賞を受賞した『鉄道員』以来の組み合わせである。江戸時代末期、下級武士が三人の災いの神に取り憑かれ奮闘する姿をコミカルに描く。 階級制度が厳しかった江戸末期。文武に優れているが下…

劇場公開日
2007年6月23日
追憶

追憶 (2017)

監督
降旗康男
キャスト
岡田准一, 小栗旬, 柄本佑

ヒット作『鉄道員』の降旗康男監督・木村大作撮影コンビが9年ぶりにタッグを組んだ人間ドラマ。ある殺人事件を機に、刑事、被害者、容疑者となって25年ぶりに再会した幼なじみ3人が、運命に翻弄される。 富山県の漁港で男の刺殺体が発見される。被害者の川端(柄本佑)、捜査を担当する四方刑事…

劇場公開日
2017年5月6日