全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2004

Sekai no Chushin de, Ai wo Sakebu

世界の中心で、愛をさけぶ

CRYING OUT LOVE, IN THE CENTER OF THE WORLD

(C)2004 東宝・TBS・博報堂DYメディアパートナーズ・毎日放送・小学館・S・D・P

(C)2004 東宝・TBS・博報堂DYメディアパートナーズ・毎日放送・小学館・S・D・P

(C)2004 東宝・TBS・博報堂DYメディアパートナーズ・毎日放送・小学館・S・D・P

(C)2004 東宝・TBS・博報堂DYメディアパートナーズ・毎日放送・小学館・S・D・P

公開日
2004年5月8日
上映時間
139 分
ジャンル
劇映画
カラー
Color
上映フォーマット
35mm

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

東宝, 博報堂DYメディアパートナーズ, TBS, 小学館, S・D・P, 毎日放送

【解説】

2004年の日本映画で、『ハウルの動く城』に続いて第2位の興業収入を記録、そこで描かれた純愛の物語は社会現象をも引き起こした。結婚を控えていた朔太郎(大沢たかお)は、婚約者律子(柴咲コウ)が突然故郷の四国に行ったと知り、困惑しながらも後を追う。しかし、そこは彼の最愛の人との思い出が眠る場所であり、彼の中に彼女と過ごした日々が甦っていく。高校2年生の朔太郎(森山未來)は、アキ(長澤まさみ)との甘い恋に浸っていた。声の交換日記や無人島への一泊旅行。だが、そんな恋もアキが不治の病であることが発覚し一転する。日々募って行く朔太郎の不安。朔太郎はアキの何気ない言葉から「世界の中心」にふたりで行くことを決意するが、その途中空港でアキは倒れ、そのまま帰らぬ人となってしまった。未だアキの記憶から逃れられない朔太郎は律子と共に「世界の中心」を訪れることにする。

【海外窓口】

東宝(株)
国際部

100-8415 東京都千代田区有楽町1-2-2
代表:代表取締役社長 島谷能成
担当:竹田晃洋
tel: 03-3591-3530
fax: 03-3591-6610
E-mail: tohointl@toho.co.jp
http://www.toho.co.jp