全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2004

Chi to Hone

血と骨

BLOOD AND BONES

(C)2004 ビーワイルド・アーティストフィルム・東芝エンタテインメント・衛星劇場・朝日放送・ザナドゥー

(C)2004 ビーワイルド・アーティストフィルム・東芝エンタテインメント・衛星劇場・朝日放送・ザナドゥー

(C)2004 ビーワイルド・アーティストフィルム・東芝エンタテインメント・衛星劇場・朝日放送・ザナドゥー

(C)2004 ビーワイルド・アーティストフィルム・東芝エンタテインメント・衛星劇場・朝日放送・ザナドゥー

公開日
2004年11月6日
上映時間
144 分
ジャンル
劇映画
カラー
Color
上映フォーマット
35mm

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

ビーワイルド, アーティストフィルム, 東芝エンタテインメント, 衛星劇場, 朝日放送, ザナドゥー

【解説】

1923年。祖国を後にし、済州島から大阪にやってきた金俊平(ビートたけし)。腕のいい蒲鉾職人でもあった彼は、やがて自分の蒲鉾工場を持ち成功する。しかし、お金への執念から高利貸しとなる。俊平は大阪で李英姫(鈴木京香)と結婚し、英姫の連れ子に、ふたりの子供も生まれ家庭を築く。しかし、俊平は酒を飲んでは家で暴れ、家族はそんな父親に怯えるばかりであった。英姫たち家族も父親に翻弄されながらも自らの人生を歩んでいく。だが、英姫は病気で倒れ、娘は首をくくって死ぬ。俊平は愛人との間の息子龍一を連れ、祖国へと戻り、静かに息を引きとるのだった。戦中、戦後にかけての時代の移り変わりと共に、ひとつの家族の波乱の人生が描かれる。監督は以前にも在日朝鮮人の問題を扱ってきた崔洋一。映画監督でもある北野武が、誰も信じず、凶暴さと強欲さを持った孤独な主人公俊平を演じている。

【海外窓口】

(株)オフィス北野
映像製作部

107-0052 東京都港区赤坂5-4-14 トレード赤坂ビル5階
代表:森昌行
担当:中橋彩、仲野潤一
tel: 03-5572-7099
fax: 03-3589-0667
http://www.office-kitano.co.jp