全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2004

Umineko

海猫

Umineko-Inseparable

(C)2004「海猫」製作委員会

(C)2004「海猫」製作委員会

(C)2004「海猫」製作委員会

(C)2004「海猫」製作委員会

公開日
2004年11月13日
上映時間
122 分
ジャンル
劇映画
カラー
Color
上映フォーマット
35mm

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

「海猫」製作委員会

【解説】

婚約者から一方的に別れを告げられた美輝は、ショックのあまり声が出なくなる。故郷である函館の病院に入院した彼女は、祖母から亡き母親・薫の悲恋について聞く。ロシア人を父親に持つ薫(伊東美咲)は、その生い立ちと美貌ゆえに、周囲の人々にとけ込めない娘だった。彼女は勤め先で出会った邦一(佐藤浩市)と結婚。邦一の故郷で一緒に漁生活を営むようになる。美輝という娘も誕生し、円満に見えた2人の生活だったが、薫の心には触れられないと感じるようになった邦一が浮気をする。孤独感を募らせる薫を支えたのは、邦一の弟・広次(仲村トオル)だった。薫と広次は深く心を通わせていき、ついに一夜を共にする。その一度きりの夜から1年後、薫が2人目の娘を出産したことがきっかけとなり、邦一と広次が争うようになる。板挟みとなった薫は身投げし、広次もその後を追う。監督は『失楽園』『阿修羅のごとく』の森田芳光。

【海外窓口】

東映(株)
104-8108 東京都中央区銀座3-2-17
担当:国際営業部
tel: 03-3535-7621
fax: 03-3535-7622
E-mail: international@toei.co.jp
http://www.toei.co.jp