全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2010

Kenta to Jun to Kayochan no kuni

ケンタとジュンとカヨちゃんの国

A CROWD OF THREE

(c)2010 「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」製作委員会

(c)2010 「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」製作委員会

(c)2010 「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」製作委員会

(c)2010 「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」製作委員会

公開日
2010年6月12日
上映時間
131 分
ジャンル
ドラマ , 劇映画
カラー
Color
上映フォーマット
35mm
スクリーンサイズ
American Vista (1:1.85)
サウンドプロセッシング
DTS
字幕
英語

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

フィルムメイカーズ, ポニーキャニオン, 日活, シグロ, 衛星劇場, 角川書店, ミュージック・オン・ティーヴィ, ヨアケ, リトルモア

【配給会社(国内)】

リトルモア

【制作会社】

リトルモア, フィルムメイカーズ

【解説】

哲学的な感性で国際的な注目を集めたデビュー作『ゲルマニウムの夜』から5年ぶりとなる大森立嗣監督の第2作目。ベルリン国際映画祭に正式出品されたほか、ヒロインの安藤サクラがアジア・フィルム・アワード助演女優賞ノミネート。過酷な労働の日々に鬱屈した怒りを抱えるケンタ(松田翔太)とジュン(高良健吾)は、セックスでしか自分の存在を確認できないカヨちゃん(安藤サクラ)を連れ、一抹の希望を胸に旅に出る。

【公式サイト】

http://www.kjk-movie.jp/

【映画祭・受賞歴】

ベルリン国際映画祭 2010 フォーラム部門正式出品

【海外窓口】

この作品については、こちらからお問い合わせください。→お問い合わせ


関連作品

タロウのバカ

タロウのバカ (2019)

監督
大森立嗣
キャスト
YOSHI, 菅田将暉, 仲野太賀

『さよなら渓谷』で第35回モスクワ国際映画祭審査委員特別賞を受賞した大森立嗣が、長編監督デビュー作『ゲルマニウムの夜』以前に執筆していた脚本を自ら映画化。社会からはみ出した少年たちの過激な生き様を活写する。 学校に通ったこともない少年・タロウ(YOSHI)。タロウにはエージ(菅…

劇場公開日
2019年9月6日
まほろ駅前狂騒曲

まほろ駅前狂騒曲 (2014)

監督
大森立嗣
キャスト
瑛太, 松田龍平, 高良健吾

三浦しをんの直木賞受賞作シリーズを実写化。2011年の劇場版第1弾、2013年のTVドラマ版に続く3作目で、便利屋コンビの活躍を軽快なテンポで描く。監督、脚本は劇場版第1弾も担当した大森立嗣。 東京郊外で便利屋を営む多田(瑛太)のもとに、昔なじみの行天(松田龍平)が転がり込んで…

劇場公開日
2014年10月18日
ぼっちゃん

ぼっちゃん (2012)

監督
大森立嗣
キャスト
水澤紳吾, 宇野祥平, 淵上泰史

2008年に発生した秋葉原無差別殺傷事件を題材にした問題作。17人を死傷させた事件の犯人をモデルに、鬱屈した派遣労働者が狂気を爆発させる過程を描く。監督・脚本は『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』で貧困層の犯罪を扱った大森立嗣。 派遣社員として長野の工場にやってきた梶(水澤紳吾)…

劇場公開日
2013年3月16日
まほろ駅前多田便利軒

まほろ駅前多田便利軒 (2011)

監督
大森立嗣
キャスト
瑛太, 松田龍平, 片岡礼子

50万部超のベストセラーとなった三浦しをんの直木賞受賞作を、主演の瑛太&松田龍平ほか、個性派キャストの共演で映画化。監督はデビュー作『ゲルマニウムの夜』の前衛的な演出力で国際的な評価を獲得した大森立嗣。寂れた町で便利屋を営む多田(瑛太)のもとに風変わりな同級生・行天(松田龍平)が…

劇場公開日
2011年4月23日