全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2020

Hoshi no ko

星の子

Child of the Stars(W/T)

CINANDOの作品・会社情報はこちら ※CINANDOの閲覧は権限に応じたログインが必要になります

(c)2020「星の子」製作委員会

(c)2020「星の子」製作委員会

公開日
2020年
上映時間
未定
ジャンル
ドラマ , 劇映画
カラー
-
上映フォーマット
-

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

「星の子」製作委員会

【配給会社(国内)】

東京テアトル, ヨアケ

【制作会社】

ヨアケ, ハーベストフィルム

【解説】

ちょっと危なっかしくて世間知らずだけど、今をまっすぐ生きる中学三年生のちひろ。赴任してきた新任のイケメン教師、南先生を東洋版エドワード・ファーロングと称して暴走気味に一目惚れたり、大好きなお姉ちゃんは家出したままずっと帰って来なかったり…。色々あるけど、学校の友達は優しく接してくれる。でも、ちひろには、一つだけほっておけない不穏な影が。それは両親が、ちひろの病気を“奇跡的に”治してくれた怪しい宗教に御入信であること。親友のなべちゃんはちひろに聞く。「あんたは信じてるの?」と。ちひろは答える。「わからない。でも、ずっと風邪引かないの!」と。
スリリングに思春期を成長していくちひろは、生まれて初めて、大好きな両親と暮らす自分の世界を疑い始める…。

【公式サイト】

http://hoshi-no-ko.jp

【海外窓口】

(株)博報堂DYミュージック&ピクチャーズ(旧ショウゲート)
海外版権グループ

107-0052 東京都港区赤坂6-2-4 S-GATE赤坂7F
代表:川上純平
担当:柴田淳美
tel: 03-6441-9659
fax: 03-6441-7965
E-mail: isales@hakuhodody-map.jp
http://www.hakuhodody-map.jp


関連作品

タロウのバカ

タロウのバカ (2019)

監督
大森立嗣
キャスト
YOSHI, 菅田将暉, 仲野太賀

『さよなら渓谷』で第35回モスクワ国際映画祭審査委員特別賞を受賞した大森立嗣が、長編監督デビュー作『ゲルマニウムの夜』以前に執筆していた脚本を自ら映画化。社会からはみ出した少年たちの過激な生き様を活写する。 学校に通ったこともない少年・タロウ(YOSHI)。タロウにはエージ(菅…

劇場公開日
2019年9月6日
ぼっちゃん

ぼっちゃん (2012)

監督
大森立嗣
キャスト
水澤紳吾, 宇野祥平, 淵上泰史

2008年に発生した秋葉原無差別殺傷事件を題材にした問題作。17人を死傷させた事件の犯人をモデルに、鬱屈した派遣労働者が狂気を爆発させる過程を描く。監督・脚本は『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』で貧困層の犯罪を扱った大森立嗣。 派遣社員として長野の工場にやってきた梶(水澤紳吾)…

劇場公開日
2013年3月16日
ケンタとジュンとカヨちゃんの国

ケンタとジュンとカヨちゃんの国 (2010)

監督
大森立嗣
キャスト
松田翔太, 高良健吾, 安藤サクラ

哲学的な感性で国際的な注目を集めたデビュー作『ゲルマニウムの夜』から5年ぶりとなる大森立嗣監督の第2作目。ベルリン国際映画祭に正式出品されたほか、ヒロインの安藤サクラがアジア・フィルム・アワード助演女優賞ノミネート。過酷な労働の日々に鬱屈した怒りを抱えるケンタ(松田翔太)とジュン…

劇場公開日
2010年6月12日
母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。 (2019)

監督
大森立嗣
キャスト
安田顕, 倍賞美津子, 松下奈緒

大森立嗣監督が、親子の絆をコミカルかつハートフルに綴るヒューマンドラマ。『愛しのアイリーン』の安田顕と、『楢山節考』の倍賞美津子が、親子役で共演。 最愛の母・明子(倍賞)を亡くし意気消沈するサトシ(安田)。子供の頃から泣き虫でお調子モノだったサトシは、いつも明るくパワフルな母に…

劇場公開日
2019年2月22日