全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2019

Taro no baka

タロウのバカ

Taro the Fool

(c)2019 映画「タロウのバカ」製作委員会

(c)2019 映画「タロウのバカ」製作委員会

(c)2019 映画「タロウのバカ」製作委員会

(c)2019 映画「タロウのバカ」製作委員会

(c)2019 映画「タロウのバカ」製作委員会

(c)2019 映画「タロウのバカ」製作委員会

(c)2019 映画「タロウのバカ」製作委員会

(c)2019 映画「タロウのバカ」製作委員会

(c)2019 映画「タロウのバカ」製作委員会

(c)2019 映画「タロウのバカ」製作委員会

公開日
2019年9月6日
上映時間
119 分
ジャンル
ドラマ , 劇映画
カラー
Color
上映フォーマット
Blu-ray
字幕入り上映
フォーマット
英語 (Blu-ray)

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

映画「タロウのバカ」製作委員会

【配給会社(国内)】

東京テアトル

【解説】

『さよなら渓谷』で第35回モスクワ国際映画祭審査委員特別賞を受賞した大森立嗣が、長編監督デビュー作『ゲルマニウムの夜』以前に執筆していた脚本を自ら映画化。社会からはみ出した少年たちの過激な生き様を活写する。
学校に通ったこともない少年・タロウ(YOSHI)。タロウにはエージ(菅田将暉)とスギオ(仲野太賀)という高校生の仲間がいた。ある日、3人が一丁の拳銃を手に入れたことから、過酷な現実と向き合っていく。

【公式サイト】

http://www.taro-baka.jp

【海外窓口】

(株)カラーバード
153-0042 東京都目黒区上目黒3-10-3-307
担当:宮前泰志
tel: 03-6451-2885
fax: 03-6451-2885
E-mail: info@colorbird.co.jp


関連作品

ぼっちゃん

ぼっちゃん (2012)

監督
大森立嗣
キャスト
水澤紳吾, 宇野祥平, 淵上泰史

2008年に発生した秋葉原無差別殺傷事件を題材にした問題作。17人を死傷させた事件の犯人をモデルに、鬱屈した派遣労働者が狂気を爆発させる過程を描く。監督・脚本は『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』で貧困層の犯罪を扱った大森立嗣。 派遣社員として長野の工場にやってきた梶(水澤紳吾)…

劇場公開日
2013年3月16日
ケンタとジュンとカヨちゃんの国

ケンタとジュンとカヨちゃんの国 (2010)

監督
大森立嗣
キャスト
松田翔太, 高良健吾, 安藤サクラ

哲学的な感性で国際的な注目を集めたデビュー作『ゲルマニウムの夜』から5年ぶりとなる大森立嗣監督の第2作目。ベルリン国際映画祭に正式出品されたほか、ヒロインの安藤サクラがアジア・フィルム・アワード助演女優賞ノミネート。過酷な労働の日々に鬱屈した怒りを抱えるケンタ(松田翔太)とジュン…

劇場公開日
2010年6月12日
セトウツミ

セトウツミ (2016)

監督
大森立嗣
キャスト
池松壮亮, 菅田将暉, 中条あやみ

関西の男子高校生のユニークな会話だけで展開する人気コミックを、池松壮亮と菅田将暉のダブル主演で映画化。監督は、『さよなら渓谷』で第35回モスクワ国際映画祭審査員特別賞を受賞した大森立嗣。 河原でダラダラ喋りながら放課後を過ごすことが日課の内海(池松)と瀬戸(菅田)。くだらない…

劇場公開日
2016年7月2日
星の子

星の子 (2020)

監督
大森立嗣
キャスト
芦田愛菜

不遇な環境を生きる少女の姿を描いたヒューマンドラマ。『さよなら渓谷』が第35回モスクワ国際映画祭コンペティション部門で審査員特別賞を受賞した大森立嗣が監督を務めた。 中学3年生のちひろ(芦田愛菜)は新任教師の南先生(岡田将生)に想いを寄せていた。ある日、ちひろは夜の公園で奇妙な…

劇場公開日
2020年10月9日