全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2004

Sekai no Owari

せかいのおわり

World's end/girlfriend

(c) 2005 寿々福堂 マックス・エー ビターズ・エンド ポニーキャニオン

(c) 2005 寿々福堂 マックス・エー ビターズ・エンド ポニーキャニオン

(c) 2005 寿々福堂 マックス・エー ビターズ・エンド ポニーキャニオン

(c) 2005 寿々福堂 マックス・エー ビターズ・エンド ポニーキャニオン

公開日
2005年9月10日
上映時間
112 分
ジャンル
劇映画
カラー
Color
上映フォーマット
35mm

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

寿々福堂, マックス・エー, ビターズ・エンド, ポニーキャニオン

【解説】

慎之介(渋川清彦)は三沢(長塚圭史)とともに盆栽ショップを営んでいる。そこに彼氏に捨てられ宿無しとなった慎之介の幼なじみ・はる子(中村麻美)が転がり込んでくる。はる子に想いを寄せる慎之介は、落ち込む彼女を元気づけようとするが、本心を伝えられず、ナンパばかりを繰り返す。三沢はそんな慎之介を不甲斐なく思いながらも、慎之介に対して複雑な愛情を抱いている。はる子は慎之介の気持ちに気づきながらも、知らないふりをして居心地のいい関係に甘んじていた。ある日慎之介は思い切ってはる子に告白するが、ちょうどはる子には新しい彼氏ができたところだった。はる子は店を出てその男の元へ行くが、その男の家に別れたはずの妻が戻ってきて、彼女はまたもや男に捨てられてしまう。そして慎之介もまた彼女の慰め役になるのだった。『火星のカノン』の風間志織が、大人になりきれない男女の恋愛模様を温かな眼差しで描いている。

【映画祭・受賞歴】

第55回ベルリン国際映画祭(フォーラム部門)
第29回香港国際映画祭
第9回釜山国際映画祭
第52回シドニー映画祭
第29回サンパウロ国際映画祭

【海外窓口】

(株)ポニーキャニオン
106-8487 東京都港区六本木1-5-17
tel: 03-6230-9710
fax: 03-6230-9755
E-mail: intl@ponycanyon.co.jp
http://www.ponycanyon.co.jp