全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2005

Otoko-tachi no Yamato

男たちの大和/YAMATO

YAMATO

(c) 2005 「男たちの大和/YAMATO」製作委員会

(c) 2005 「男たちの大和/YAMATO」製作委員会

(c) 2005 「男たちの大和/YAMATO」製作委員会

(c) 2005 「男たちの大和/YAMATO」製作委員会

公開日
2005年12月17日
上映時間
143 分
ジャンル
劇映画
カラー
Color
上映フォーマット
35mm

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

「男たちの大和/YAMATO」製作委員会

【解説】

老漁師の神尾(仲代達矢)のもとを若い女性(鈴木京香)が訪れる。彼女は神尾が第二次世界大戦中乗船した戦艦大和の上官・内田二兵曹(中村獅童)の娘であった。彼女は父の遺言を守るために、大和が沈没した場所へと散骨しにいくよう神尾に懇願する。彼らは東シナ海を西へと小さな漁船を走らせていく。内田の娘と出会うことで、戦争の傷跡を胸にしまいこみ、ひっそりと行き続けて生きた彼の胸に、60年前の戦艦大和での光景、そして戦友たちの記憶が甦ってくる。当時、戦局が悪化する中、戦艦大和は玉砕覚悟の「水上特攻」の命を受けた。多くの死者を出したその戦闘で、彼もまた戦艦大和の乗組員であった。戦争で家族、仲間を失い、心を閉ざした彼は、大和が沈没した場所に向かうことで60年間心にしまってきた戦争の記憶とはじめて向かい合うのであった。6億円をかけて戦艦大和の実寸代のセットが作られ、撮影は海上自衛隊の協力をもとに製作された。

【海外窓口】

東映(株)
104-8108 東京都中央区銀座3-2-17
担当:国際営業部
tel: 03-3535-7621
fax: 03-3535-7622
E-mail: international@toei.co.jp
http://www.toei.co.jp