全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2006

Baruto no Gakuen

バルトの楽園(がくえん)

THE ODE TO JOY

(c) 2006『バルトの楽園』製作委員会

(c) 2006『バルトの楽園』製作委員会

(c) 2006『バルトの楽園』製作委員会

(c) 2006『バルトの楽園』製作委員会

公開日
2006年6月17日
上映時間
134 分
ジャンル
劇映画
カラー
Color
上映フォーマット
35mm

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

『バルトの楽園』製作委員会

【解説】

1914年、第一次世界大戦で日本軍は、ドイツの極東根拠地・中国の青島を攻略した。ドイツ兵4700人は、捕虜として日本各地の収容所に収められることとなる。
ほとんどの収容所が捕虜に厳しい待遇をするなかで、徳島の板東俘虜収容所の所長・松江豊寿(松平健)は、軍の上層部の意志に背いても、捕虜達の人権を遵守した。捕虜達は、パンを焼き、新聞を印刷し、楽器を演奏し、さらにはビールを飲む事さえ許された。また、地域住民の温かさに触れ、生きる喜びを見出していく。
休戦条約が調印され、大ドイツ帝国は崩壊する。自由の身となった捕虜たちは、感謝を込めて、日本で初めてベートーベン作曲『交響曲第九番 歓喜の歌』を演奏する。
主演は、国民的スター・松平健と、『ベルリン・天使の詩』のブルーノ・ガンツ。映画のクライマックスには、ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮の『第九』が使用された。

【海外窓口】

東映(株)
国際営業部

104-8108 東京都中央区銀座3-2-17
tel: 03-3535-7621
fax: 03-3535-7622
E-mail: international@toei.co.jp
http://www.toei.co.jp