全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2016

Nihon de ichiban warui yatsura

日本で一番悪い奴ら

Twisted Justice

(c)2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会

(c)2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会

(c)2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会

(c)2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会

(c)2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会

(c)2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会

(c)2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会

(c)2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会

公開日
2016年6月25日
上映時間
135 分
ジャンル
劇映画
カラー
Color
上映フォーマット
DCP,Blu-ray
字幕入り上映
フォーマット
英語 (DCP, Blu-ray)

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

日活, 東映, 木下グループ, カルチュア・エンタテインメント, ぴあ, GYAO!, ポニーキャニオンエンタープライズ

【配給会社(国内)】

東映, 日活

【制作会社】

ジャンゴフィルム

【解説】

実話に基づく犯罪ドラマ。2002年に発覚した“日本警察史上最大の不祥事”を題材に、覚醒剤や拳銃の密売に手を染めた“黒い警部”の26年間を描く。監督は、『凶悪』 で実在事件を扱った白石和彌。
柔道で鳴らした諸星(綾野剛)は、その腕前を買われて北海道警に就職。だが、満足に活躍できず、鬱屈した日々を送っていた。やがて諸星は、先輩の助言に従って裏社会にS(スパイ)を持つことに。暴力団と深く交わりつつ、 規格外の捜査を始める。

【公式サイト】

http://www.nichiwaru.com

【映画祭・受賞歴】

2016 台北金馬映画祭 Windows on Asia 部門
2016 ニューヨーク・アジア映画祭  スクリーン・インターナショナル・ライジング・スター賞

【海外窓口】

日活(株)
版権営業部 国際事業チーム

113-0033 東京都文京区本郷3-28-12
担当:川合絵海子、古川真実、加藤拓、宋子薇
tel: 03-5689-1014
fax: 03-5689-1044
E-mail: international@nikkatsu.co.jp
https://intl.nikkatsu.com


関連作品

牝猫たち

牝猫たち (2016)

監督
白石和彌
キャスト
井端珠里, 真上さつき, 美知枝

『凶悪』で注目を浴びた白石和彌監督が、夜の世界に生きる女性たちの姿を切なくもどこか可笑しく描く群像劇。デリバリーヘルスで働く3人の女性と、3人と関わる男性との関係が綴られる。日活ロマンポルノ45周年記念作品。 ネオンがきらめく池袋の繁華街をさまよう3人の女性。それぞれ、ネットカ…

劇場公開日
2017年1月14日
凶悪

凶悪 (2013)

監督
白石和彌
キャスト
山田孝之, ピエール瀧, リリー・フランキー

実際に真犯人逮捕につながった犯罪ノンフィクションを映画化。死刑囚の告発を基に、雑誌記者が未解決の殺人事件を暴き立てる過程を描く。俳優陣の熱演が話題となり、全国79館での公開ながら11日間で興入1億円を突破した。 雑誌記者の藤井(山田孝之)は、ヤクザの死刑囚・須藤(ピエール瀧)と…

劇場公開日
2013年9月21日
ロストパラダイス・イン・トーキョー

ロストパラダイス・イン・トーキョー (2009)

監督
白石和彌
キャスト
小林且弥, 内田慈, ウダタカキ

デジタル撮影・制作作品のみを対象としたSKIPシティ国際Dシネマ映画祭にてSKIPシティ・アワードを受賞したロードムービー。若松孝二、行定勲らの助監督をつとめた白石和彌の初監督作品。落ちこぼれサラリーマンの幹生(小林且弥)は、知的障害をもつ兄・実生(ウダタカキ)のためにデリヘル嬢…

劇場公開日
2010年9月18日
孤狼の血

孤狼の血 (2018)

監督
白石和彌
キャスト
役所広司, 松坂桃李, 真木よう子

柚月裕子の同名小説を、『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』の白石和彌監督が映画化。暴対法成立以前の広島・呉原市を舞台に、暴力団と戦う警察と、暴力団組織間の激しい抗争を描く。 昭和63年、広島。捜査二課に配属された日岡(松坂桃李)は、ヤクザとの癒着を噂される刑事・大上(役所広司)のもと…

劇場公開日
2018年5月12日