全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

1962

Samma no aji

秋刀魚の味

An Autumn Afternoon

(c)1962/2013 Shochiku Co., Ltd.

(c)1962/2013 Shochiku Co., Ltd.

(c)1962/2013 Shochiku Co., Ltd.

(c)1962/2013 Shochiku Co., Ltd.

公開日
1962年11月18日
上映時間
113 分
ジャンル
劇映画
カラー
-
上映フォーマット
-

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

松竹

【配給会社(国内)】

松竹

【解説】

野田高梧と小津安二郎が共同で脚本を執筆、小津安二郎が監督した人生ドラマ。撮影は厚田雄春が担当している。
長男の幸一夫婦は共稼ぎながら団地に住んで無事に暮らしていた。家には娘の路子と次男の和夫がいて、今のところ平山にはこれという不平も不満もない。細君と死別して以来、今が一番幸せな時だといえるかもしれない。わけても中学時代から仲のよかった河合や堀江と時折呑む酒の味は文字どおりに天の美禄だった。その席でも24になる路子を嫁にやれと急がされるが、平山としてはまだ手放す気になれなかった。中学時代のヒョータンこと佐久間老先生を迎えてのクラス会の席上、話は老先生の娘伴子のことに移っていったが、昔は可愛かったその人が早く母

【映連データベースの作品紹介ページより】

【海外窓口】

松竹(株)
104-8422 東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル13F
担当:佐藤究
tel: 03-5550-1623
fax: 03-5550-1654
E-mail: ibd@shochiku.co.jp
http://www.shochiku.co.jp


関連作品

東京暮色 デジタル修復版

東京暮色 デジタル修復版 (1957)

監督
小津安二郎
キャスト
原節子, 有馬稲子, 笠智衆

1957年に公開された小津安二郎監督の『東京暮色』を4Kスキャニングで修復。母親の家出によって人生を狂わされた娘の苦悩と絶望を、原節子、有馬稲子、笠智衆、山田五十鈴、杉村春子ら錚々たる顔ぶれで描く。 銀行員の杉山(笠)は、同居する次女・明子(有馬)を心配している。母親の愛を知ら…

劇場公開日
未定
彼岸花

彼岸花 (1958)

監督
小津安二郎
キャスト
有馬稲子, 久我美子, 佐田啓二

里見弴の小説を、小津安二郎・野田高梧のコンビが脚色したもので、結婚期にある三人の娘と、容易に意見の合わないそれぞれの家庭の親とを描いたもの。「東京暮色」以来一年ぶりに小津安二郎が監督し、厚田雄春が撮影した。山本富士子の他社初出演をはじめ、有馬稲子・久我美子・佐田啓二・佐分利信・高…

劇場公開日
1958年9月7日
亡命記

亡命記 (1955)

監督
野村芳太郎
キャスト
佐田啓二, 岸惠子

作家・白藤茂の小説を原作に、日本人女性と中国人男性のカップルが、戦争によって翻弄される姿を描く。監督は、『砂の器』『八つ墓村』の野村芳太郎。 戦争最中、左千子(岸惠子)は、日本に留学していた中国人の医学生・顔紹昌(佐田啓二)と結婚。夫婦で南京に渡ると、紹昌は南京新政府に協力し、…

劇場公開日
1955年5月3日
あかね空

あかね空 (2006)

監督
浜本正機
キャスト
内野聖陽, 中谷美紀, 石橋蓮司

山本一力の直木賞受賞作を内野聖陽と中谷美紀の主演で映画化した人情時代劇。江戸の深川を舞台に、京から江戸に下った豆腐職人の永吉(内野聖陽)と彼を支える江戸っ子の妻おふみ(中谷美紀)、2人が辿る波瀾万丈の人生模様を夫婦の絆を軸に綴る。 深川蛤町。京の由緒ある豆腐屋で修行を積み、自分…

劇場公開日
2007年3月31日