全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

1964

Kuchikukan Yukikaze

駆逐艦雪風

Destroyer Yukikaze

公開日
1964年2月16日
上映時間
93 分
ジャンル
劇映画
カラー
-
上映フォーマット
-

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

松竹

【配給会社(国内)】

松竹

【解説】

戸倉康裕と大橋健一が共同でオリジナル・シナリオを執筆山田達雄が監督した戦争もの。撮影は板橋重夫が担当している。
木田勇太郎は佐世保海軍工廠の工員として駆逐艦雪風を製作した。何よりもこの雪風を愛した木田は、この船の設計者小川少佐に嘆題し、海軍に応召した木田は雪風の乗組員となった。日ごとに高まる戦火の中、雪風は無傷のうちに多大な戦果を収めた。内地に帰還した日手島艦長の家庭に案内された木田は、艦長の妹の由起子にひそかに好意を感じた。昭和二十年戦局は激しさを増した。そんなある日木田は弟の勇二にばったり逢う。特攻隊員として明日をも知れない身体、弟を前にして木田にはこみあげてくるものがあった。勇二と別れて数日後、勇二の悲報が入った。ちょうど訪れた母にも告げられず木田は、雪風艦上の人となった。沖縄出撃の大和と雪風の駆逐艦、だが今は大和も沈み雪風だけが人員救助のうえ帰艦と命を受けた。弟と愛する由起子をも失った勇太郎は、歯をくいしばってこの退却に耐えた。終戦の日、無傷の雪風が賠償として中国海軍に引き渡された。木田は農夫姿でいつまでもその勇姿を見送っていた。

【映連データベースの作品紹介ページより】

【海外窓口】

松竹(株)
104-8422 東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル13F
担当:佐藤究
tel: 03-5550-1623
fax: 03-5550-1654
E-mail: ibd@shochiku.co.jp
http://www.shochiku.co.jp


関連作品

ゴジラ対ヘドラ

ゴジラ対ヘドラ (1971)

監督
坂野義光
キャスト
山内明, 川瀬裕之, 木村俊恵

円谷英二の死後久々に登場した「ゴジラ」シリーズ第11作。全編がグロテスクなムードに覆われ、当時日本を騒がせていた公害問題を巧みに取り入れた、シリーズの中でも異彩を放つ作品。汚染された港から生まれた公害怪獣へドラは、海へ流れ出たヘドロや工業地帯のスモッグを吸収しながら成長し、巨大化…

劇場公開日
1971年7月24日
あかね空

あかね空 (2006)

監督
浜本正機
キャスト
内野聖陽, 中谷美紀, 石橋蓮司

山本一力の直木賞受賞作を内野聖陽と中谷美紀の主演で映画化した人情時代劇。江戸の深川を舞台に、京から江戸に下った豆腐職人の永吉(内野聖陽)と彼を支える江戸っ子の妻おふみ(中谷美紀)、2人が辿る波瀾万丈の人生模様を夫婦の絆を軸に綴る。 深川蛤町。京の由緒ある豆腐屋で修行を積み、自分…

劇場公開日
2007年3月31日
映画ドラえもん のび太の新恐竜

映画ドラえもん のび太の新恐竜 (2020)

監督
今井一暁
キャスト
水田わさび, 大原めぐみ, かかずゆみ

藤子・F・不二雄原作のアニメ「ドラえもん」劇場版第40作目。シリーズ史上最高興収を記録した『映画ドラえもん のび太の宝島』の監督・今井一暁と、脚本の川村元気が再タッグを組む。シリーズ第1作、第26作でも描かれてきた“恐竜”をテーマに、愛らしい双子の恐竜・キューとミューが登場。のび…

劇場公開日
2020年3月6日
太陽の家

太陽の家 (2019)

監督
権野元
キャスト
長渕剛, 飯島直子, 山口まゆ

アーティスト・長渕剛が20年ぶりにスクリーン復帰した人間ドラマ。監督は、数々のドラマや映画の監督を務め、「相棒」シリーズなどで手腕を振るう権野元。 大工の棟梁・川崎信吾(長渕)は、強面風だがやんちゃで人情味の厚い男。ある日、現場で仕事に励んでいた川崎は、シングルマザーの芽衣(広…

劇場公開日
2020年1月17日