全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

1965

Tobo to okite

逃亡と掟

Pier Without Pity

公開日
1965年11月20日
上映時間
90 分
ジャンル
劇映画
カラー
-
上映フォーマット
-

【監督】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

松竹

【配給会社(国内)】

松竹

【解説】

安藤昇の原作を湯浅浪男が脚色、監督したアクションもの。撮影は森田守が担当している。
南洋一郎は函館に4年振りにやって来た。4年前南は土地のヤクザ勝本組の代貸であったが組長の仇討ちのため、井上組の組長を殺し、外国船で逃亡したのだ。だがその間、妹明美が死に、南はそれを弔うため、一時函館に降りたのだ。かつての恋人志津子に会った南は、明美が何者かによって殺害されたことを知った。また裏町の繁華街に出た南は、昔の勝本組の幹部滝田信次に会い、勝本組が井上組に吸収され、今では井上貿易会社としてはばをきかせ、南の命も狙われていることを知った。南は妹の不審な死を追うため秘かに真相をさぐり始めた。一方井上組は、南を事故死とみかせけるため、その殺害の機会を狙っていた。また、四年前の事件の日、逃亡する南に偶然わが子をひかれ、片輪にされた刑事森川も、恨みをはらそうと執念の炎をもやしていた。ある日南は、かつての仲間大井から、妹殺しの犯人が工藤だと知らされた。工藤は井上組が井上貿易と改名した時専務にとりあげられた男であった。南の工藤への追求が始まった。一方志津子は、工藤の愛人であるのを隠し、南に秘かに会いに来た。そんな志津子に不信感を抱きながらも、南は志津子と日本脱出を企てた。そして志津子も、工藤と南の愛の板ばさみになりながら、日本を去る決意をした・・・。

【映連データベースの作品紹介ページより】

【海外窓口】

松竹(株)
メディア事業部 海外版権室

104-8422 東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル13F
tel: 03-5550-1623
fax: 03-5550-1654
E-mail: ibd@shochiku.co.jp
http://www.shochiku.co.jp


関連作品

峠 最後のサムライ

峠 最後のサムライ (2020)

監督
小泉堯史
キャスト
役所広司, 松たか子, 仲代達矢

“最後のサムライ”と称される英雄・河井継之助の姿を描いた、司馬遼太郎の名著「峠」の初映画化作品。監督・脚本は、数々の黒澤明作品に助監督として携わってきた小泉堯史。 1867年、徳川幕府は終焉を迎え、諸藩は東軍と西軍に二分されていった。長岡藩の家老・河井継之助(役所広司)は、武装…

劇場公開日
2022年
東京リベンジャーズ

東京リベンジャーズ (2021)

監督
英勉
キャスト
北村匠海, 山田裕貴, 杉野遥亮

「新宿スワン」などで知られる和久井健の同名コミックを、数々の漫画原作作品を手がけてきた英勉監督が実写化。冴えない日々を送る男がタイムスリップして人生をやり直していく姿を描く。 ボロアパートで暮らすフリーターの武道(北村匠海)は、ヤンキー学生時代の彼女とその弟が不良組織“東京卍曾…

劇場公開日
2021年7月9日
ある用務員

ある用務員 (2020)

監督
阪元裕吾
キャスト
福士誠治, 芋生悠, 前野朋哉

暴力団の抗争によって“戦場”となった学校での救出劇を描くクライムサスペンス。監督は、アクション、サスペンス、バイオレンスを得意のジャンルとする阪元裕吾。 暴力団員だった父を持ち、現在は用務員として高校で働く深見(福士誠治)。暴力団に属さず、用務員として学校にいるのは、亡き父親の…

劇場公開日
2021年1月29日
KONTORA コントラ

KONTORA コントラ (2019)

監督
アンシュル・チョウハン
キャスト
円井わん, 間瀬英正, 山田太一

不可思議な宝の探索をする少女とホームレスの男との奇妙な出会いを、モノクロームの映像で紡ぎ出すドラマ。監督は、長編デビュー作『東京不穏詩』が国内外の映画祭で注目を集めた日本在住のインド人監督アンシュル・チョウハン。 女子高生のソラ(円井わん)は、祖父が第二次世界大戦中に記した日記…

劇場公開日
2021年3月20日