全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

1966

Hakuchu no torima

白昼の通り魔

Violence at High Noon

公開日
1966年7月15日
上映時間
99 分
ジャンル
劇映画
カラー
-
上映フォーマット
-

【監督】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

松竹

【配給会社(国内)】

松竹

【解説】

武田泰淳の原作を田村孟が脚色、大島渚が監督した社会ドラマ。撮影は高田昭が担当している。
草深い信州の農村。ある夏、川の氾濫で畑を駄目にした篠崎の娘シノはホップの栽培とニジマスの養殖を計画しその資金を彼女に気のある村長の息子源治から借りたが、その代償に彼女は彼に身をまかせた。シノに惚れていた小山田英助は現場を見つけて、村中に言いふらしたが彼女は平気だった。彼女は仕事が波に乗った一年後、村会議員に当選した源治に心中をせまられた。彼はシノの気持をためしたかったのだ。彼女はその時ふとその気になって彼に従った。彼は死んだが、彼女は首をくくった柿の木が折れ失神しただけで助かった。二人の後をつけた英助は倒れているシノを犯した。これは白昼の通り魔になる英助の第一歩であった。源治は事故死として葬られたが、恋愛は美しい無償の行為だとシノたちに教えた中学教師倉マツ子は事故死とすることに反対した。その夜彼女は同じ反発を抱く英助と結ばれた。シノは村中の非難をあび村を出た。一年過ぎた。神戸で女中として働いていたシノは突然英助の訪問を受けた。そして再び失神させられ犯された。その上彼は抵抗した女主人を殺した。シノは彼を噂の白昼の通り魔と確信したが、警察の取調べに対し、犯人が旧知の英助であることは黙っていた。そして今は英助の妻になっているマツ子に相談してからと考えて手紙を書いた。数週間後マツ子は修学旅行で大阪へ来た。シノは会って相談したが、苦悩するマツ子の言葉はあいまいであった・・・。

【映連データベースの作品紹介ページより】

【海外窓口】

松竹(株)
メディア事業部 海外版権室

104-8422 東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル13F
tel: 03-5550-1623
fax: 03-5550-1654
E-mail: ibd@shochiku.co.jp
http://www.shochiku.co.jp


関連作品

映画監督って何だ!

映画監督って何だ! (2006)

監督
伊藤俊也
キャスト
大島渚, 鈴木清順, 阪本順治

劇場公開日
2006年11月4日
スパルタの海

スパルタの海 (1983)

監督
西河克己
キャスト
伊東四朗, 小山明子, 平田昭彦

愛知県美浜町にある、ウインドサーフィンの訓練をする全寮制の施設での出来事を基に描く青春ドラマ。1983年に完成したが校長の戸塚宏が逮捕されたため公開は白紙に。2011年にようやく公開された。非行少年や不登校児の更生施設として有名になった“戸塚ヨットスクール”には、学校や家庭では手…

劇場公開日
2011年10月29日
MANKAI MOVIE「A3!」〜AUTUMN & WINTER〜

MANKAI MOVIE「A3!」〜AUTUMN & WINTER〜 (2021)

監督
倉田健次
キャスト

劇場公開日
2022年
ハザードランプ

ハザードランプ (2021)

監督
榊英雄
キャスト
安田顕, 山田裕貴

劇場公開日
2022年