全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

1970

Hatoba onna no burusu

波止場女のブルース

Waterfront Blues

公開日
1970年10月3日
上映時間
87 分
ジャンル
劇映画
カラー
-
上映フォーマット
-

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

松竹

【配給会社(国内)】

松竹

【解説】

森進一のヒット曲の映画化。脚本は「明日また生きる」の下飯坂菊馬、監督は斉藤耕一。撮影を竹村博がそれぞれ担当している。
上条槇は、妻子ある男広田洋介の愛人として、他人から見れば何不自由ない生活を送っていた。豪華なマンション、車、そして会員制のクラブのマダムとしての地位。しかし、洋介との情事にも、豪華なものにとりまかれた生活にも何かやりきれない物足りなさを感じていた。そんな時間の流れのなかでふと立寄った近くのグランドで黙々と練習に励む青年、一政に心を奪われる。数日後、槇は練習を終えて帰ってくる一政をドライブに誘った。横浜で車を棄て、一政の行きつけの露路裏でラーメンを啜る槇は、今まで体験したことのない、心の充実を感じていた。一政は父の生き方に反抗して、横浜で自活しながら大学に通っていた。一政を知って以来、槇の生活は荒れ始めた。囲れ者としての自分は、純真な一政にふさわしくない女であることがたまらなかった。そんな苦しみを少しでも柔らげるために、街中で声をかけられた白人兵にさそわれるままナイトクラブに入り、酔いにまかせて踊り続けた。そのクラブには、友人の進と連れだった一政が遊びに来ていたが、白人兵と踊り狂う槇を見た一政は、夢中で白人兵に飛びかかっていった。進の機転でその湯を逃れた一政と槇は、お互いの愛の深さを確信し合い、その瞬間、槇は洋介との生活に終止符を打つ決心をした。マンションに帰った槇はそのことを母に告げるが「もう貧乏はまっぴら」と泣きつく母を見て、洋介の財力に絶望し、自殺をはかるが、一政の献身的な努力によって、奇跡的に回復する・・・。

【映連データベースの作品紹介ページより】

【海外窓口】

この作品については、こちらからお問い合わせください。→お問い合わせ


関連作品

鏡の女たち

鏡の女たち (2002)

監督
吉田喜重
キャスト
岡田茉莉子, 田中好子, 一色紗英

大島渚らとともに「日本のヌーヴェルヴァーグ」と呼ばれ、海外からも高い評価を受けてきた吉田喜重が14年ぶりに撮った作品。 川瀬愛(岡田茉莉子)は24年前に失踪した娘・美和を探し続けていた。ある日美和の母子手帳を持っている女性が見つかるが、尾上正子と名乗るその女性(田中好子)は記…

劇場公開日
2003年4月5日
座頭市牢破り

座頭市牢破り (1967)

監督
山本薩夫
キャスト
勝新太郎, 三国連太郎, 西村晃

劇場公開日
1967年8月12日
エリ・エリ・レマ・サバクタニ

エリ・エリ・レマ・サバクタニ (2005)

監督
青山真治
キャスト
浅野忠信, 宮﨑あおい, 中原昌也

西暦2015年、ウィルスが蔓延し、恐怖と絶望に満ちた日本。自殺という方法で死に至るこのウィルスをメディアは"レミング病"と呼んだ。発病を抑制するとされる唯一の方法は、あるミュージシャンが奏でる"音"を聴くこと。ミヤギ(筒井康隆)は、感染した孫のハナ(宮崎あおい)の命を救うため、ミ…

劇場公開日
2006年1月28日
HOKUSAI

HOKUSAI (2020)

監督
橋本一
キャスト
柳楽優弥, 田中泯, 永山瑛太

19世紀にヨーロッパでジャポニズムブームを巻き起こし、ゴッホ、モネ、ゴーギャンなど数多くの画家に影響を与えた、世界で最も有名な日本人・葛飾北斎。平均寿命40歳の時代に享年90歳という生涯を生き、70歳を超えて大ヒットシリーズ「冨嶽三十六景」を発表した。それでも尚、多くの謎に包まれ…

劇場公開日
2021年