全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

1973

Dosei jidai Kyoko to Jiro

同棲時代―今日子と次郎―

Living Together

公開日
1973年4月14日
上映時間
未定
ジャンル
劇映画
カラー
-
上映フォーマット
-

【監督】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

松竹

【配給会社(国内)】

松竹

【解説】

「同棲」という愛のかたちを形成しながら、互いに傷つきあい、愛しあう二人の若者を妖しい美しさで描いた上村一夫の原作・劇画の映画化。脚本は石森史郎、監督は山根成之、撮影を川又昂がそれぞれ担当している。
飛鳥今日子は広告代理店に勤める21歳のO・L。江夏次郎は22歳になるかけだしのイラストレーター。二人は同棲中である。「同棲しない?」と誘ったのは今日子の方からであった。デザイン・スクールの同期生である二人が雑踏の中で久しぶりに再会した時、何となく心が通じあい、その夜、今日子は次郎に処女を与えた。そして、その日から二人は一緒に暮し始めたのだった。ある日、今日子は33歳になる会社の社長・上条にプロポーズされた。中年の魅力あふれる上条。しかし今日子は思う。「判らない部分の多い完成された男よりも、やることなすこと丸見えの未完成の男が私には愛しい」。ある雨の朝。同じアパートの住人の五十嵐の妻・澄江が死んだ。五十嵐夫婦はいわば今日子と次郎たちの先輩だった。彼等が同棲時代に終止符を打った時、子供を三度も中絶した妻の肉体は破壊されていた。その上、愛も冷えきっていた……。今日子と次郎が同棲して丁度一年目がやって来た。二人はささやかなパーティをやろうと約束したが、次郎が酔って帰って来たのは深夜だった。今日子の平手打ちが次郎の頬にとんだ。次郎はへラヘラ笑い、酒くさい体で彼女を無理矢理組みふせた。みじめになる今日子。だが、セックスのあと眠り呆ける次郎のポケットから、リボンをかけたプレゼントの小箱がこぼれ落ちたのを見て、今日子は次郎への愛しさに満たされた。数日後、今日子は妊娠したことを知った。

【映連データベースの作品紹介ページより】

【海外窓口】

松竹(株)
104-8422 東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル13F
担当:佐藤究
tel: 03-5550-1623
fax: 03-5550-1654
E-mail: ibd@shochiku.co.jp
http://www.shochiku.co.jp


関連作品

理由

理由 (2004)

監督
大林宣彦
キャスト
岸部一徳, 久本雅美, 古手川祐子

ある高層マンションの20階の一室で3体の惨殺死体、そして、その一室から落下したと思われる男性の遺体が地上で発見される。住人台帳では、その部屋には小糸信治とその家族が住んでいることになっていた。しかし、発見された遺体は小糸一家のものではない。小糸家はローンが支払えず、夜逃げしていた…

劇場公開日
2004年12月18日
大コメ騒動

大コメ騒動 (2021)

監督
本木克英
キャスト
井上真央, 三浦貴大, 夏木マリ

日本の女性が初めて起こした市民運動とも言われる“米騒動”をテーマにしたエンタメ作。 3人の子を持つ女房であり米俵を浜へと担ぎ運ぶ女仲仕として働く松浦いと(井上真央)。女房たちは高騰する米の価格に頭を悩ませ、米の積み出し阻止を試みるが、失敗に終わってしまう。しかし、その騒動は地元…

劇場公開日
2021年1月8日
ある用務員

ある用務員 (2020)

監督
阪元裕吾
キャスト
福士誠治, 芋生悠, 前野朋哉

暴力団の抗争によって“戦場”となった学校での救出劇を描くクライムサスペンス。監督は、アクション、サスペンス、バイオレンスを得意のジャンルとする阪元裕吾。 暴力団員だった父を持ち、現在は用務員として高校で働く深見(福士誠治)。暴力団に属さず、用務員として学校にいるのは、亡き父親の…

劇場公開日
2021年1月29日
過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真家 森山大道

過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真家 森山大道 (2021)

監督
岩間玄
キャスト
森山大道, 神林豊, 町口覚

2019年に“写真界のノーベル賞”と言われるハッセルブラッド賞を受賞し、80歳を超えてなお現役として活躍する写真家・森山大道に迫るドキュメンタリー。20年以上にわたりTV番組を企画・制作してきた岩間玄が監督・撮影・編集を手がける。 映画は1968年のデビュー写真集「にっぽん劇場…

劇場公開日
2021年4月30日