全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2007

Hokushin Naname ni Sasu Tokoro

北辰斜にさすところ

Hokushin Naname Ni Sasu Tokoro(temporary title)

(c)2007映画「北辰斜にさすところ」製作委員会

(c)2007映画「北辰斜にさすところ」製作委員会

(c)2007映画「北辰斜にさすところ」製作委員会

(c)2007映画「北辰斜にさすところ」製作委員会

公開日
2007年12月22日
上映時間
111 分
ジャンル
ドラマ , 子供・家族 , 歴史 , その他
カラー
Color
上映フォーマット
35mm
サウンドプロセッシング
DTS

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

「北辰斜にさすところ」製作委員会

【解説】

青春時代を旧制第七髙等学校造士館(現:鹿児島大)で過ごし、東京で開業医となった上田勝弥(三國連太郎)。現在は余生をのんびり過ごす身であったが、同窓会への出席を拒み続け、鹿児島にも足を向けようとしなかった。そこには戦場での悔恨と慙愧という理由があった。戦場で瀕死となった七髙時代の先輩を、目の前で亡くしていたのだ。
七髙野球部創立100周年を記念して、記念試合が開催されることになる。当時野球部のエースだった勝弥は招待を受けるが、それを拒み友人の説得にも応じない。しかしバッテリーを組んでいた西崎の訃報をきっかけに勝弥は球場へ向かう。かつてのチームメイトが集まった球場では、OBの思いを背に、当時のユニフォームで試合をする現役の大学生たちの姿があった。
戦後の教育改革によって廃止された旧制高等学校をモチーフに、旧制高校生たちの青春や友情、その後の半生が描かれる。監督は、『草の乱』の神山征二郎。

【公式サイト】

http://hokushin-naname.jp/

【海外窓口】

この作品については、こちらからお問い合わせください。→お問い合わせ