全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2007

Hito ga Hito wo Aisurukotono Doshiyomonasa

人が人を愛することのどうしようもなさ

The Brutal Hopelessness of Love

(c)2007 TOEI VIDEO / OB PLANNING

(c)2007 TOEI VIDEO / OB PLANNING

(c)2007 TOEI VIDEO / OB PLANNING

(c)2007 TOEI VIDEO / OB PLANNING

公開日
2007年9月8日
上映時間
115 分
ジャンル
ドラマ , ロマンス , 劇映画 , 長編
カラー
Color
上映フォーマット
35mm

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

東映ビデオ, オービー企画

【解説】

ロマンポルノ『天使のはらわた 赤い教室』以来、土屋名美という女性を主人公に男女のドラマを描き続けてきた石井隆。本作は、喜多嶋舞を名美に据えたねじれた男女の愛憎劇。名美が記者に話す官能的な劇中劇のフラッシュバックと共に物語は進む。
人気女優として活躍する名美(喜多嶋舞)だが、私生活では、同業者の夫・洋介(永島敏行)の浮気が絶えず離婚の危機。現在撮影中の新作映画はヒロインが夫と浮気相手を殺してしまう物語で、ヒロインに名美、夫役に洋介、実際の洋介の浮気相手も共演するキャスティングに、世間からは注目の的。そんな中、編集者・葛城(竹中直人)が名美にインタビューを試みる。映画の主人公と自分を重ねるかのように、インタビューを受ける名美。実は本当にふたりを殺害してしまった名美。精神病院に収容され、精神科医の葛城が、記者のふりをして事件の真相を探っていたのだった。

【公式サイト】

http://hito-hito.jp/

【海外窓口】

この作品については、こちらからお問い合わせください。→お問い合わせ