全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2007

Hanshin Hangi

半身反義

Half Empty or Half Full

(c) パウダールーム

(c) パウダールーム

(c) パウダールーム

(c) パウダールーム

(c) パウダールーム

(c) パウダールーム

(c) パウダールーム

(c) パウダールーム

公開日
2008年7月5日
上映時間
90 分
ジャンル
ドキュメンタリー
カラー
Color
上映フォーマット
35mm
スクリーンサイズ
Standard (1:1.37)
サウンドプロセッシング
Stereo

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

パウダールーム

【解説】

東京オリンピックや万博の映像記録を数々手がけた山岸達児。1960-70年代、変化していく映像の世界で生きた彼の足取りには、高度経済成長時代の日本の歩みが刻まれていた。しかし今では脳梗塞で倒れ、半身不随のまま病院で孤独な日々を送っている。そこに、達児の記録映画をつくろうと試みる女性映像作家が現れる。やがて異世代の2人は、映像の中に「幻想のタツジ」を生み出し、病で身動きできない現状を超えようとする。『骨肉思考』(1997)でイメージフォーラム・フェスティバル大賞を受賞し、若松孝二監督や河瀬直美監督らと仕事を重ねた竹藤佳世が、幻想的なフィクション映像を大胆に取り入れた意欲的な作品。

【公式サイト】

http://www.hanshinhangi.com/

【プレミア表記】

ワールドプレミア: ロッテルダム国際映画祭 2008

【海外窓口】

この作品については、こちらからお問い合わせください。→お問い合わせ