全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2021

Jitakukeibiin to kajiyosei

自宅警備員と家事妖精

Jitaku Keibiin to Kaji Yosei

(c)「自宅警備員の家事妖精」製作者委員会

(c)「自宅警備員の家事妖精」製作者委員会

(c)「自宅警備員の家事妖精」製作者委員会

(c)「自宅警備員の家事妖精」製作者委員会

(c)「自宅警備員の家事妖精」製作者委員会

(c)「自宅警備員の家事妖精」製作者委員会

(c)「自宅警備員の家事妖精」製作者委員会

(c)「自宅警備員の家事妖精」製作者委員会

(c)「自宅警備員の家事妖精」製作者委員会

(c)「自宅警備員の家事妖精」製作者委員会

公開日
2021年11月20日
上映時間
78 分
ジャンル
ドラマ , ファンタジー , 劇映画
カラー
Color
上映フォーマット
DCP,Blu-ray,DVD

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

オメガ・プロジェクト, アン・エンタテインメント, 中島トニーPRO, 太秦

【配給会社(国内)】

太秦

【制作会社】

ドッグシュガー

【解説】

函館港イルミナシオン映画祭において、2019年に荒俣宏賞を受賞した潮喜久知のオリジナル脚本を新鋭・藤本匠監督が映画化。
函館の洋館に住む自称“自宅警備員(引きこもり)”を名乗る45歳独身のニート・稔(大沢真一郎)。母が亡くなり、洋館の持ち主である伯父から出て行くように通告された稔の前に、洋館に古くから住み着く家事妖精の絹(木竜麻生)が現れる。絹は無謀にも稔に洋館を買い取って守れとキツく促す。

【公式サイト】

https://jitakukeibi-movie.com

【海外窓口】

太秦(株)
151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-16-10 代々木エアハイツ301号室
代表:小林三四郎
tel: 03-5367-6073
fax: 03-6903-6970
E-mail: info@uzumasa-film.com
http://www.uzumasa-film.com


関連作品

わたし達はおとな

わたし達はおとな (2022)

監督
加藤拓也
キャスト
木竜麻生, 藤原季節

大学でデザインの勉強をしている優実(木⻯麻生)には、演劇サークルに所属する直哉(藤原季節)という恋人がいるが、ある日、自分が妊娠していることに気付く。悩みながらも優実は直哉に妊娠とある事実を告白する。直哉は将来自分の劇団を持ちたいと願っていた。現実を受け入れよ とすればするほどふ…

劇場公開日
2022年6月10日
菊とギロチン

菊とギロチン (2017)

監督
瀬々敬久
キャスト
木竜麻生, 東出昌大, 寛一郎

戦後恐慌、関東大震災の混沌のなかで、時代に翻弄されながらもそれぞれの生きる意味を模索した民衆たちを描く群像劇。監督は、『ヘヴンズ ストーリー』の鬼才・瀬々敬久。 関東大震災後の東京近郊。震災の避難民や孤児があふれるこの土地に、女相撲“玉岩興行”の一座がやってくる。刹那的な生活を…

劇場公開日
2018年7月7日
あがた森魚ややデラックス

あがた森魚ややデラックス (2009)

監督
竹藤佳世
キャスト
あがた森魚, 鈴木慶一, 矢野顕子

シンガーソングライター・あがた森魚が2008年に行った全国ツアーに密着。キャンピングカーに乗って北海道・釧路から出発し、沖縄・石垣島まで全国67カ所を巡る旅を通して、あがた森魚が歌い、踊り、怒鳴り、酔いつぶれ、語る、赤裸々な姿から、音楽シーンのみならず文学や映画の世界にも多大な影…

劇場公開日
2009年10月10日
ゼンタイ(特別版)

ゼンタイ(特別版) (2013)

監督
橋口亮輔
キャスト
篠原篤, 山下晃司, 松下貞治

映画監督と俳優との4日間にわたるワークショップから生まれた短編を上映する人気企画の第4弾。全身タイツを愛する人々の姿を描く。監督は『ぐるりのこと』で毎日映画コンクール日本映画優秀賞、脚本賞等に輝いた橋口亮輔。 カラオケボックスで開催された男女11人のオフ会。それは色とりどりのタ…

劇場公開日
2013年5月25日