全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2008

Yamino kodomotachi

闇の子供たち

Children of the Dark

(c)2008「闇の子供たち」製作委員会

(c)2008「闇の子供たち」製作委員会

(c)2008「闇の子供たち」製作委員会

(c)2008「闇の子供たち」製作委員会

公開日
2008年8月2日
上映時間
138 分
ジャンル
ドラマ , 劇映画
カラー
Color
上映フォーマット
35mm
スクリーンサイズ
American Vista (1:1.85)
サウンドプロセッシング
Dolby SR

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

「闇の子供たち」製作委員会, セディックインターナショナル, ジェネオンエンタテインメント, アミューズ

【配給会社(国内)】

ゴー・シネマ

【制作会社】

セディックインターナショナル

【解説】

トロント国際映画祭に正式招待された『トカレフ』や海洋アクション『亡国のイージス』などで世界的に認知度の高い阪本順治が、梁石日の同名小説をもとに、人身売買、幼児売買春の実態を、リアルに描いた社会派ドラマ。第43回カルロビバリ国際映画祭正式出品作品。
タイ、バンコクの一室で幼い子供たちが売春を強いられている。日本新聞社バンコク支局の南部浩行(江口洋介)は東京本社から子供の臓器売買の取材を依頼される。子供が生きたまま臓器を抉り取られる事実を知る。一方、自分探しのためバンコクの社会福祉センターで働き始めた音羽恵子(宮崎あおい)は、臓器売買の話を聞き、南部とともに日本に帰り、移植手術を計画する商社マン家庭に赴くが、子供を救いたい家族に拒絶される。タイに戻った南部はカメラマンの与田博明(妻夫木聡)に協力させ、臓器提供の決定的瞬間を撮る。やがて社会福祉センター主催の集会にマフィアが乱入して銃を乱射。南部はそこで子供を助けるが、自らの心の闇を悟って絶望する。

【公式サイト】

http://www.yami-kodomo.jp/

【プレミア表記】

ワールドプレミア: カルロビバリー国際映画祭

【映画祭・受賞歴】

カルロビバリー国際映画祭

【海外窓口】

この作品については、こちらからお問い合わせください。→お問い合わせ


関連作品

大鹿村騒動記

大鹿村騒動記 (2011)

監督
阪本順治
キャスト
原田芳雄, 大楠道代, 岸部一徳

長野県の山村・大鹿村に光を当てた群像喜劇。現地に300年も伝わる地芝居・大鹿歌舞伎を題材に、地元の人々の悲喜こもごもを温かく映し出す。主演の原田芳雄の発案企画だったが、彼は本作公開直後の2011年7月に病死した。南アルプスの麓の大鹿村で鹿料理店を営む善(原田芳雄)は、伝統の村歌舞…

劇場公開日
2011年7月16日
半世界

半世界 (2018)

監督
阪本順治
キャスト
稲垣吾郎, 長谷川博己, 池脇千鶴

『団地』『エルネスト』の阪本順治監督が自ら脚本を手がけ、『十三人の刺客』の稲垣吾郎と、『シン・ゴジラ』の長谷川博己、『榎田貿易堂』の渋川清彦をキャストに迎えて描くヒューマンドラマ。 父から継いだ山中の炭焼き窯で備長炭を製炭し生計を立てる紘(稲垣)。妻や息子にも関心を払わず、仕事…

劇場公開日
2019年2月15日
団地

団地 (2016)

監督
阪本順治
キャスト
藤山直美, 岸部一徳, 大楠道代

とある団地を舞台に、そこに引っ越してきたワケありの夫婦と住民たちとの騒動を、オフビートに描いた会話劇。監督は、『北のカナリアたち』で知られる阪本順治。 商店街の一角で営んでいた漢方薬局をたたみ、団地に移り住んできたヒナ子(藤山直美)と清治(岸部一徳)の夫婦。どこか世を捨てた夫…

劇場公開日
2016年6月4日
この世の外へ クラブ進駐軍

この世の外へ クラブ進駐軍 (2003)

監督
阪本順治
キャスト
ピーター・ムラン, シェー・ウィガム, 萩原聖人

『KT』『ぼくんち』など海外映画祭への出品作も多い阪本順治の監督作。戦後間もない日本、フィリピンの島で終戦を迎えた広岡健太郎(萩原聖人)は、復員してきた日本に衝撃を受ける。ジャズが流れ、皆がコーラを飲んでいる。やがて健太郎は、池島昌三(オダギリジョー)らとバンド「ラッキーストライ…

劇場公開日
2004年2月7日