全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2008

Kabei

母べえ

Kabei: Our Mother

(c)2008「母べえ」製作委員会

(c)2008「母べえ」製作委員会

(c)2008「母べえ」製作委員会

(c)2008「母べえ」製作委員会

公開日
2008年1月26日
上映時間
133 分
ジャンル
ドラマ , 劇映画
カラー
Color
上映フォーマット
35mm
スクリーンサイズ
American Vista (1:1.85)
サウンドプロセッシング
-,Dolby SRD

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

「母べえ」製作委員会

【配給会社(国内)】

松竹

【制作会社】

松竹

【解説】

近年では第76回アカデミー賞外国語映画部門にノミネートされた『たそがれ清兵衛』にはじまる時代劇三部作で内外の注目を浴びた山田洋次監督作。黒澤明監督のスクリプターを長年務めた野上照代が自身の家族の思い出を綴ったノンフィクション「父へのレクイエム」を原作とし、第58回ベルリン国際映画祭コンペティション部門に正式出品された。
舞台は昭和15(1940)年の東京。中国との戦争が続く暗い時代ではあるが、夫婦と2人の幼い娘から成る野上家は“母べえ”こと佳代(吉永小百合)を中心につつましくも幸福な生活を送っている。そんなある日、文学者の夫・滋(坂東三津五郎)が治安維持法違反で突然検挙される。軍国主義が深まるなか、その自由主義的な信条によって思想犯の嫌疑をかけられたのだ。滋の教え子、山崎(浅野忠信)の支えもあって、たくましく生きようと努め、滋の帰還を待つ野上家。しかしその願いも叶わず、ある冬の日、滋の獄中死の知らせが、皮肉にも獄中から投函された彼の最後の手紙とともに野上家に届く。

【公式サイト】

http://www.shochikufilms.com/film/detail.php?product_code=682

【プレミア表記】

インターナショナルプレミア: ベルリン国際映画祭

【海外窓口】

この作品については、こちらからお問い合わせください。→お問い合わせ


関連作品

おとうと

おとうと (2010)

監督
山田洋次
キャスト
吉永小百合, 笑福亭鶴瓶, 蒼井優

人情派の巨匠・山田洋次監督の約10年ぶりとなる現代劇。市川崑監督の『おとうと』へのオマージュ作品で、働き者の姉と芸人崩れの弟の消せない絆を温かく紡ぐ。早くに未亡人となった吟子(吉永小百合)は、薬局を切り盛りしながら娘の小春(蒼井優)、義母の絹代(加藤治子)と3人で暮らしていた。そ…

劇場公開日
2010年1月30日
母と暮せば

母と暮せば (2015)

監督
山田洋次
キャスト
吉永小百合, 二宮和也, 黒木華

山田洋次監督が故・井上ひさしの遺志を引き継ぎ、完成させたファンタジー作品。戦後の長崎を舞台に、亡くなったはずの息子とその母との交流を描く。吉永小百合と二宮和也が親子役で出演。 1948年8月9日。助産婦をしながら長崎で暮らす伸子(吉永)の前に、原爆で命を落とした息子・浩二(二宮…

劇場公開日
2015年12月12日
武士の一分(いちぶん)

武士の一分(いちぶん) (2006)

監督
山田洋次
キャスト
木村拓哉, 檀れい, 坂東三津五郎

山田洋次が監督した小説家・藤沢周平の時代劇3部作。今作は『たそがれ清兵衛』『隠し剣 鬼の爪』に次ぐ最終作にあたる。幕末に生きる武士の名誉と困難を乗り越えた夫婦の絆が描かれた。「武士の一分」とは、侍が命をかけて守らなければならない名誉や面目という意味。 藩主の毒見役を務める下…

劇場公開日
2006年12月1日
妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ

妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ (2018)

監督
山田洋次
キャスト
橋爪功, 吉行和子, 妻夫木聡

山田洋次監督が手がける「家族はつらいよ」シリーズの第3弾。“主婦への讃歌”をテーマに、緊急事態に直面した家族の大騒動を描く。 3世代でにぎやかに暮らす平田家。ある日、主婦・史枝(夏川結衣)が貯めていたへそくりが盗まれる。夫・幸之助(西村まさ彦)は「俺の稼いだ金でへそくりをしてい…

劇場公開日
2018年5月25日