全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2006

Bushi no Ichibun

武士の一分(いちぶん)

Love and Honor

(c) 2006「武士の一分」製作委員会

(c) 2006「武士の一分」製作委員会

公開日
2006年12月1日
上映時間
121 分
ジャンル
劇映画
カラー
Color
上映フォーマット
35mm

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

「武士の一分」製作委員会

【解説】

山田洋次が監督した小説家・藤沢周平の時代劇3部作。今作は『たそがれ清兵衛』『隠し剣 鬼の爪』に次ぐ最終作にあたる。幕末に生きる武士の名誉と困難を乗り越えた夫婦の絆が描かれた。「武士の一分」とは、侍が命をかけて守らなければならない名誉や面目という意味。
藩主の毒見役を務める下級武士の三村新之丞(木村拓哉)。美しい妻、加世(檀れい)とともに貧しいが、慎ましく幸せに暮らしていた。ある日の勤め中、新之丞は毒にあたり失明してしまう。仕事を失い、生活に窮することに。そんな時、番頭の島田(坂東三津五郎)が加世に援助を申し出る。その代償は加世の身体。家計を助けるために泣く泣く条件をのむが、ふたりの関係が公になってしまう。愛する妻を奪われ、自分のふがいなさに打ちひしがれる新之丞。妻のため、武士の名誉のために島田との"武士の一分"を賭けた果し合いを行う。

【映画祭・受賞歴】

ベルリン国際映画祭2007
日本アカデミー賞2006 最優秀助演男優賞
日本アカデミー賞2006 最優秀撮影賞
日本アカデミー賞2006 最優秀照明賞

【海外窓口】

松竹(株)
104-8422 東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル13F
担当:佐藤究
tel: 03-5550-1623
fax: 03-5550-1654
E-mail: ibd@shochiku.co.jp
http://www.shochiku.co.jp


関連作品

母べえ

母べえ (2008)

監督
山田洋次
キャスト
吉永小百合, 浅野忠信, 檀れい

近年では第76回アカデミー賞外国語映画部門にノミネートされた『たそがれ清兵衛』にはじまる時代劇三部作で内外の注目を浴びた山田洋次監督作。黒澤明監督のスクリプターを長年務めた野上照代が自身の家族の思い出を綴ったノンフィクション「父へのレクイエム」を原作とし、第58回ベルリン国際映画…

劇場公開日
2008年1月26日
おとうと

おとうと (2010)

監督
山田洋次
キャスト
吉永小百合, 笑福亭鶴瓶, 蒼井優

人情派の巨匠・山田洋次監督の約10年ぶりとなる現代劇。市川崑監督の『おとうと』へのオマージュ作品で、働き者の姉と芸人崩れの弟の消せない絆を温かく紡ぐ。早くに未亡人となった吟子(吉永小百合)は、薬局を切り盛りしながら娘の小春(蒼井優)、義母の絹代(加藤治子)と3人で暮らしていた。そ…

劇場公開日
2010年1月30日
妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ

妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ (2018)

監督
山田洋次
キャスト
橋爪功, 吉行和子, 妻夫木聡

山田洋次監督が手がける「家族はつらいよ」シリーズの第3弾。“主婦への讃歌”をテーマに、緊急事態に直面した家族の大騒動を描く。 3世代でにぎやかに暮らす平田家。ある日、主婦・史枝(夏川結衣)が貯めていたへそくりが盗まれる。夫・幸之助(西村まさ彦)は「俺の稼いだ金でへそくりをしてい…

劇場公開日
2018年5月25日
家族はつらいよ

家族はつらいよ (2016)

監督
山田洋次
キャスト
橋爪功, 吉行和子, 妻夫木聡

「男はつらいよ」シリーズの山田洋次監督が、『東京家族』のキャストを再結集して作った人情コメディ。家族全員を巻き込んだ熟年離婚騒動が繰り広げられる。橋爪功、吉行和子、妻夫木聡ら前作のキャストが、別の家族を演じる。 結婚50年目を迎える平田周造(橋爪)と富子(吉行)。妻に誕生日プレ…

劇場公開日
2016年3月12日