全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2008

Oka o koete

丘を越えて

Oka o koete

(c)「丘を越えて」製作委員会2008

(c)「丘を越えて」製作委員会2008

(c)「丘を越えて」製作委員会2008

(c)「丘を越えて」製作委員会2008

(c)「丘を越えて」製作委員会2008

(c)「丘を越えて」製作委員会2008

(c)「丘を越えて」製作委員会2008

(c)「丘を越えて」製作委員会2008

公開日
2008年5月17日
上映時間
114 分
ジャンル
ドラマ , 劇映画
カラー
Color
上映フォーマット
35mm
スクリーンサイズ
American Vista (1:1.85)
サウンドプロセッシング
Dolby Stereo,dts STEREO

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

「丘を越えて」製作委員会, ゼアリズエンタープライズ, 東映ビデオ, サクシードアイピー, オービー企画

【配給会社(国内)】

ゼアリズエンタープライズ

【制作会社】

ゼアリズエンタープライズ

【解説】

ベストセラー作家であり、文芸ジャーナリズムの基礎を築いた菊池寛とその周囲の人々が織りなす、昭和という時代の物語。猪瀬直樹の「こころの王国」(文藝春秋刊)を原作に、『光の雨』『火火』を手がけた高橋伴明が映像化している。
昭和初頭、女学校を卒業した細川葉子(池脇千鶴)は和装から洋装に変身。紹介で出版社の面接に行き、作家で社長の菊池寛(西田敏行)の個人秘書に採用される。朝鮮の貴族出身の編集者・馬海松(西島秀俊)と距離を縮めて、彼の部屋で口づけを交わす一方で、葉子は繊細な神経と心臓に持病を抱える菊池にも惹かれていく。そして、原稿を菊池に褒められたことから書くことの楽しみを知り、女流作家への夢を膨らませる。葉子が洋服と会社に慣れた頃、馬は担当雑誌休刊の責任を取って辞職、母国独立のために帰国すると言い出す。葉子は連れて行くよう懇願するが拒絶される。やがて満州で盧溝橋が爆破されたというニュースが入る。

【公式サイト】

http://www.okaokoete.com/

【海外窓口】

この作品については、こちらからお問い合わせください。→お問い合わせ