全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2008

252 Seizonsha ari

252 生存者あり

252:Signal of Life

(c)2008 「252」製作委員会

(c)2008 「252」製作委員会

(c)2008 「252」製作委員会

(c)2008 「252」製作委員会

(c)2008 「252」製作委員会

(c)2008 「252」製作委員会

公開日
2008年12月6日
上映時間
132 分
ジャンル
ドラマ , 劇映画
カラー
Color
上映フォーマット
35mm
スクリーンサイズ
American Vista (1:1.85)
サウンドプロセッシング
Dolby SR

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

「252」製作委員会, 日本テレビ, 読売テレビ, バップ, ワーナー・ブラザース映画, エーチーム, ツインズジャパン, STV, MMT, SDT, CTV, HTV, FBS

【配給会社(国内)】

ワーナー・ブラザース映画

【制作会社】

ツインズジャパン

【解説】

未曾有の災害に巻き込まれた人間たちの姿を、CGやVFXのみならず、実際に大量の水を使用してリアルにこだわったスペクタクル大作。緊迫感に溢れた映像を紡いだ監督は、日本テレビ社員ディレクターで『舞妓Haaaan!!!』を手がけた水田伸生。
関東で起きた直下型地震の影響で、太平洋の海水温度が急上昇し、史上最大規模の巨大台風が東京に迫ってきた。予兆は巨大な雹だった。カーディーラーで働く、元ハイパーレスキュー隊員の篠原祐司(伊藤英明)は、娘(大森絢音)の誕生祝をするために銀座で妻(桜井幸子)と娘との待ち合わせをするが、雹に続く、巨大な高潮によって新橋一帯が崩落し、祐司は娘と新橋駅構内に閉じ込められた。妻は祐司の兄・静馬(内野聖陽)が隊長を務めるハイパーレスキュー隊に救助されていた。祐司は娘をかばって怪我をしたスミン(MINJI)、重村(山田孝之)、藤井(木村祐一)と協力して救助を待つ。彼らを救出するには、台風の目に入り風が収まる18分間に爆破救出するしかない。地上と地下が、“252”という数字で結ばれる時、奇跡が起きる。

【公式サイト】

http://wwws.warnerbros.co.jp/252/

【海外窓口】

この作品については、こちらからお問い合わせください。→お問い合わせ