全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2005

Kuchu Teien

空中庭園

Hanging Garden

(c) 2005「空中庭園」製作委員会

(c) 2005「空中庭園」製作委員会

(c) 2005「空中庭園」製作委員会

(c) 2005「空中庭園」製作委員会

公開日
2005年11月8日
上映時間
113 分
ジャンル
劇映画
カラー
Color
上映フォーマット
35mm

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

「空中庭園」製作委員会, ポニーキャニオン, 衛星劇場, 朝日放送, カルチュア・パブリッシャーズ, アスミック・エース・エンタテインメント, リトルモア

【解説】

直木賞作家・角田光代の同名小説を『青い春』の豊田利晃監督が映画化。
かつては華やかな新興住宅地だったが、今では「ダンチ」と呼ばれる郊外の集合住宅。母親の絵里子(小泉今日子)は理想の家族をつくるためにひとつのルールを設けていた。それは「家族の中に秘密は持たない」ということ。隠し事のないおおらかな家庭で、父親の貴史(板尾創路)、長女のマナ、弟のコウとともに暮らしていたが、実は家族のそれぞれが秘密を隠していた。娘と息子の不登校、父親の浮気。その浮気相手がコウの家庭教師としてやってきて、秘密は暴露されてしまう。一番大きな秘密を抱えていたのは絵里子だった。明るくふるまっていた彼女は暗い過去を持っていた。秘密の暴露とともに危機を迎えた一家だったが、逆にそのことが新たな家族をつくり直すきっかけとなる。ダンチの一室でひとり待つ絵里子のもとに、家族が帰ってくる。その日は絵里子の誕生日だった。

【海外窓口】

(株)ポニーキャニオン
106-8487 東京都港区六本木1-5-17
tel: 03-6230-9710
fax: 03-6230-9755
E-mail: intl@ponycanyon.co.jp
http://www.ponycanyon.co.jp