全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2016

Too young to die Wakakushite shinu

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ

TOO YOUNG TO DIE!

(c)2016 Asmik Ace / TOHO / J Storm / PARCO / AMUSE / Otonakeikaku / KDDI / GYAO

(c)2016 Asmik Ace / TOHO / J Storm / PARCO / AMUSE / Otonakeikaku / KDDI / GYAO

(c)2016 Asmik Ace / TOHO / J Storm / PARCO / AMUSE / Otonakeikaku / KDDI / GYAO

(c)2016 Asmik Ace / TOHO / J Storm / PARCO / AMUSE / Otonakeikaku / KDDI / GYAO

公開日
2016年6月25日
上映時間
125 分
ジャンル
劇映画
カラー
Color
上映フォーマット
DCP
字幕入り上映
フォーマット
英語 (HDCAM)

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

アスミック・エース, 東宝, ジェイ・ストーム, パルコ, アミューズ, 大人計画, KDDI, GYAO

【配給会社(国内)】

東宝, アスミック・エース

【解説】

人気脚本家・宮藤官九郎が監督を務めた青春コメディ。事故で急死した高校生が、現世に転生すべく地獄のロックバトルに挑む。第40回香港国際映画祭に正式招待された。
修学旅行でバス事故に遭った大助(神木隆之介)は、気づくと地獄に堕ちていた。級友に片想中だった大助は、キスも経験せずに死んだことにショックを受ける。そこへ、地獄農業高校軽音楽部顧問で、ロックバンド・地獄図(ヘルズ)を率いる赤鬼のキラーK(長瀬智也)が現れ…。

【公式サイト】

http://tooyoungtodie.jp

【映画祭・受賞歴】

2016 ロッテルダム国際映画祭 Voices部門
2016 香港国際映画祭 Platforms部門
2016 東京国際映画祭 Japan Now部門
2016 ファンタジア国際映画祭

【海外窓口】

東宝(株)
国際部

100-8415 東京都千代田区有楽町1-2-2
担当:竹田晃洋
tel: 03-3591-3530
fax: 03-3591-6610
E-mail: tohointl@toho.co.jp
http://www.toho.co.jp


関連作品

真夜中の弥次さん喜多さん

真夜中の弥次さん喜多さん (2005)

監督
宮藤官九郎
キャスト
長瀬智也, 中村七之助, 小池栄子

『GO』『ピンポン』などの脚本を手掛け、俳優としても活躍する宮藤官九郎の初監督作品。江戸時代に書かれた十返舎一九の滑稽本『東海道中膝栗毛』を下敷きに、2人の男が繰り広げる珍道中をシュールに描いた、しりあがり寿の同名漫画が原作。 時は江戸時代。江戸の街に暮らす弥次さん(長瀬智也…

劇場公開日
2005年4月2日
中学生円山

中学生円山 (2012)

監督
宮藤官九郎
キャスト
草彅剛, 平岡拓真, 遠藤賢司

人気脚本家・宮藤官九郎が4年ぶりに監督を務めた青春ドラマ。煩悩まみれの男子中学生が、思春期のバカバカしい妄想を深めていく姿を、CGとアクションでコミカルに描く。 団地暮らしの克也(平岡拓真)は、いつもエッチな妄想ばかり。あるエロい目的のために、柔軟運動に励む毎日を過ごしていた。…

劇場公開日
2013年5月18日
少年メリケンサック

少年メリケンサック (2008)

監督
宮藤官九郎
キャスト
宮﨑あおい, 佐藤浩市, ユースケ・サンタマリア

『真夜中の弥次さん喜多さん』に続く宮藤官九郎監督第2作。ロックバンド・グループ・魂のメンバーでもある監督が自らのオリジナル脚本をもとに、中年パンクバンドと若い女性マネージャーとのドタバタ騒動を描いたナンセンス・コメディ。清純派女優・宮﨑あおいがハジけた演技に初挑戦、佐藤浩市が酒び…

劇場公開日
2009年2月14日
フォルトゥナの瞳

フォルトゥナの瞳 (2019)

監督
三木孝浩
キャスト
神木隆之介, 有村架純, 志尊淳

ベストセラー作家・百田尚樹の小説を映画化。超常的な瞳を持つ青年が、恋人の“死の運命”に抗う姿を描く。監督は、青春映画の名匠・三木孝浩。 天涯孤独の木山慎一郎(神木隆之介)は、ある日、自分が「死期の迫る人間が透けて見える」“フォルトゥナの瞳”の持ち主であることに気づき、苦悩する。…

劇場公開日
2019年2月15日