全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

1959

Sora kakeru hanayome

空かける花嫁

The High-Flying Bride

公開日
1959年1月1日
上映時間
92 分
ジャンル
劇映画
カラー
-
上映フォーマット
-

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

松竹

【配給会社(国内)】

松竹

【解説】

藤沢桓夫の「花粉」を映画化した大船調の下町喜劇。笠原良三が脚色、番匠義彰が監督、生方敏夫が撮影した。音楽は牧野由多可。有馬稲子、高橋貞二や小山明子・志村喬らが出演。
女子大生まるめは下町の繊維問屋七宮商店の七兵衛の孫娘だ。ケチな祖父も彼女にだけは目がない。祖父は息子の吉太郎・さよ子夫妻をおさえつけ、店のこと一切をとりしきっている。まるめは内証でフランス留学生試験を受け、合格した。孫を海外へ手離すことよりも、祖父には三年間の留学費用400万円はショックだった。まるめには祖父の強欲ぶりや、店の制度を改めさせる意図があったので、それが出来ればフランス行きを止めてもいいと思っていた。七兵街の方ではまるめの引き留め策をはかっていた。まるめが学友の和枝と住むアパートの隣室に、浅草の軽演劇の作家・秋山がいた。まるめの送別会のとき、七兵衛は彼と孫娘が好き合っているらしいのを見抜いた。七兵衛は秋山にまるめに惚れこんだふりをし、引き留めに成功したら礼金をあげると申し込んだ。秋山にはまるめとつき合うのは悪くなかった。まるめは秋山のために思い止まるつもりになる。七兵衛は浅草のうなぎ屋の女将おそのが好きだった。まるめと和枝は祖父の老いらくの恋を成功させようと、和枝の勤める銀座のバーでデートする機会をつくってやった。そのバーのアルバイト学生のバーテン・高野は和枝の恋人だ。デートは成功した。まるめの先生、大学助教授本間が彼女を追い廻し、浅草の踊り子椿が役を得ようと秋山につきまとい、二人の仲がうまくいかない。さらに、秋山と七兵衛の契約がまるみにバレ、まるめは怒った。七兵衛にフランス行きを宣言した。

【映連データベースの作品紹介ページより】

【海外窓口】

松竹(株)
104-8422 東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル13F
担当:佐藤究
tel: 03-5550-1623
fax: 03-5550-1654
E-mail: ibd@shochiku.co.jp
http://www.shochiku.co.jp


関連作品

彼岸花

彼岸花 (1958)

監督
小津安二郎
キャスト
有馬稲子, 久我美子, 佐田啓二

里見弴の小説を、小津安二郎・野田高梧のコンビが脚色したもので、結婚期にある三人の娘と、容易に意見の合わないそれぞれの家庭の親とを描いたもの。「東京暮色」以来一年ぶりに小津安二郎が監督し、厚田雄春が撮影した。山本富士子の他社初出演をはじめ、有馬稲子・久我美子・佐田啓二・佐分利信・高…

劇場公開日
1958年9月7日
スパルタの海

スパルタの海 (1983)

監督
西河克己
キャスト
伊東四朗, 小山明子, 平田昭彦

愛知県美浜町にある、ウインドサーフィンの訓練をする全寮制の施設での出来事を基に描く青春ドラマ。1983年に完成したが校長の戸塚宏が逮捕されたため公開は白紙に。2011年にようやく公開された。非行少年や不登校児の更生施設として有名になった“戸塚ヨットスクール”には、学校や家庭では手…

劇場公開日
2011年10月29日
夢のまにまに

夢のまにまに (2008)

監督
木村威夫
キャスト
長門裕之, 有馬稲子, 井上芳雄

伊丹十三の『タンポポ』、鈴木清順の『けんかえれじい』などで、日本映画の美術を長年に渡って担ってきた木村威夫が、90歳を迎えて長編劇映画の監督に転進。戦争体験世代の心情と、若者の絆を細やかに描き出している。 N・K芸術学院の学院長に就任した木室創(長門裕之)は学生・村上大輔(井…

劇場公開日
2008年10月18日
東京暮色 デジタル修復版

東京暮色 デジタル修復版 (1957)

監督
小津安二郎
キャスト
原節子, 有馬稲子, 笠智衆

1957年に公開された小津安二郎監督の『東京暮色』を4Kスキャニングで修復。母親の家出によって人生を狂わされた娘の苦悩と絶望を、原節子、有馬稲子、笠智衆、山田五十鈴、杉村春子ら錚々たる顔ぶれで描く。 銀行員の杉山(笠)は、同居する次女・明子(有馬)を心配している。母親の愛を知ら…

劇場公開日
未定