全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

1961

Eien no Hito

永遠の人

The Bitter Spirit

公開日
1961年9月16日
上映時間
107 分
ジャンル
劇映画
カラー
-
上映フォーマット
-

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

松竹

【配給会社(国内)】

松竹

【解説】

「笛吹川」に続き木下恵介が自ら脚本執筆・監督、コンビの楠田浩之が撮影した、人間愛憎のものがたり。
第一章:昭和七年、上海事変たけなわのころ。阿蘇谷の大地主小清水平左衛門の小作人草二郎の娘さだ子には川南隆という親兄弟も許した恋人がいた。隆と、平左衛門の息子平兵衛は共に戦争に行っていたが、平兵衛は足に負傷、除隊となって帰ってきた。平兵衛の歓迎会の旬日後、平兵衛はさだ子を犯した。さだ子は川に身を投げたが、隆の兄力造に助けられた。やがて隆が凱旋してきた。事情を知った彼は、さだ子と村を出奔しようと決心したが、その当日、幸せになってくれと置手紙を残し行方をくらしました。第二章:昭和十九年。さだ子は平兵衛と結婚、栄一、守人、直子の三人の子をもうけていた。太平洋戦争も末期、隆も力造も応召していた。隆はすでに結婚、妻の友子は幼い息子豊と力造の家にいたが、平兵衛の申し出で小清水家に手伝いにいくことになった。隆を忘れないさだ子に苦しめられる平兵衛と、さだ子の面影を追う隆に傷つけられた友子。ある日、平兵衛は友子に挑んだ。さだ子はケダモノと罵倒した。騒ぎの中で長いあいだ病床にふしていた平左衛門が死んだ。翌日、友子は暇をとり郷里へ帰った・・・。

【映連データベースの作品紹介ページより】

【海外窓口】

松竹(株)
104-8422 東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル13F
担当:佐藤究
tel: 03-5550-1623
fax: 03-5550-1654
E-mail: ibd@shochiku.co.jp
http://www.shochiku.co.jp


関連作品

亡命記

亡命記 (1955)

監督
野村芳太郎
キャスト
佐田啓二, 岸惠子

作家・白藤茂の小説を原作に、日本人女性と中国人男性のカップルが、戦争によって翻弄される姿を描く。監督は、『砂の器』『八つ墓村』の野村芳太郎。 戦争最中、左千子(岸惠子)は、日本に留学していた中国人の医学生・顔紹昌(佐田啓二)と結婚。夫婦で南京に渡ると、紹昌は南京新政府に協力し、…

劇場公開日
1955年5月3日
海辺のリア

海辺のリア (2017)

監督
小林政広
キャスト
仲代達矢, 阿部寛, 黒木華

海外でも評価の高い小林政広監督の人間ドラマ。主演は、『春との旅』『日本の悲劇』でも小林監督とタッグを組んだ仲代達矢。 半世紀以上のキャリアを持つ役者・桑畑兆吉(仲代)には、認知症の疑いがあった。長女・由紀子(原田美枝子)と由紀子の夫で兆吉の弟子・行男(阿部寛)に裏切られ、兆吉は…

劇場公開日
2017年6月3日
NORIN TEN 稲塚権次郎物語

NORIN TEN 稲塚権次郎物語 (2015)

監督
稲塚秀孝
キャスト
仲代達矢, 松崎謙二, 野村真美

世界の食糧危機を救う小麦の基“小麦農林10号”を育種した農学者・稲塚権次郎の生涯を描いたドラマ。権次郎の縁戚にあたり、『仲代達矢“役者”を生きる』の稲塚秀孝が監督・脚本を務める。 明治時代末期、富山の貧しい農家の長男に生まれ、向学心に溢れた稲塚(仲代達矢)は、育種家の道を志す。…

劇場公開日
2015年9月19日
仲代達矢 役者を生きる

仲代達矢 役者を生きる (2015)

監督
稲塚秀孝
キャスト
仲代達矢

これまでに200本近い映画・舞台に出演、俳優生活60周年を迎えた名優・仲代達矢に密着したドキュメンタリー。82歳の今も演じることの重さに耐え、役者として生きる姿を追う。仲代が主催する劇団“無名塾”の活動を中心にした3部構成。 黒澤明監督作『影武者』などで華やかなキャリアを積んだ…

劇場公開日
2015年1月31日