全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

1963

Haikei Tennoheika-sama

拝啓天皇陛下様

Dear Emperor….

公開日
1963年4月28日
上映時間
98 分
ジャンル
劇映画
カラー
-
上映フォーマット
-

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

松竹

【配給会社(国内)】

松竹

【解説】

週刊現代連載・棟田博原作を監督野村芳太郎と多賀祥介が共同で脚色、野村芳太郎が監督した喜劇。撮影は川又昂が担当している。
山田正助はもの心つかぬうちに親と死別し、世の冷たい風に晒されてきたため、一日三度の飯にありつける上、俸給までもらえる軍隊は天国に思えた。意地悪な二年兵が、彼が図体がでかく鈍重だからというだけで、他の連中よりもビンタの数を多くしようと大したことではなかった。ただ人の好意と情にはからきし弱かった。入営した日に最初に口をきいてくれたからというだけで棟本に甘えきったり、意地悪二年兵に仇討してやれと皆にケツを叩かれても、いざ優しい言葉をかけられるとフニャフニャになってしまう始末だった。だが、中隊長の寄せる好意には山

【映連データベースの作品紹介ページより】

【海外窓口】

松竹(株)
104-8422 東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル13F
担当:佐藤究
tel: 03-5550-1623
fax: 03-5550-1654
E-mail: ibd@shochiku.co.jp
http://www.shochiku.co.jp


関連作品

亡命記

亡命記 (1955)

監督
野村芳太郎
キャスト
佐田啓二, 岸惠子

作家・白藤茂の小説を原作に、日本人女性と中国人男性のカップルが、戦争によって翻弄される姿を描く。監督は、『砂の器』『八つ墓村』の野村芳太郎。 戦争最中、左千子(岸惠子)は、日本に留学していた中国人の医学生・顔紹昌(佐田啓二)と結婚。夫婦で南京に渡ると、紹昌は南京新政府に協力し、…

劇場公開日
1955年5月3日
男はつらいよ お帰り 寅さん

男はつらいよ お帰り 寅さん (2019)

監督
山田洋次
キャスト
渥美清, 倍賞千恵子, 吉岡秀隆

山田洋次監督による国民的人情喜劇『男はつらいよ』シリーズの50周年記念作品。1997年の第49作より22年ぶりに製作され、96年に亡くなった看板俳優・渥美清も出演。第32回東京国際映画祭オープニング作品。 かつて柴又帝釈天の参道にあった団子屋・くるまやは現在はカフェとして営業。…

劇場公開日
2019年12月27日
夢のまにまに

夢のまにまに (2008)

監督
木村威夫
キャスト
長門裕之, 有馬稲子, 井上芳雄

伊丹十三の『タンポポ』、鈴木清順の『けんかえれじい』などで、日本映画の美術を長年に渡って担ってきた木村威夫が、90歳を迎えて長編劇映画の監督に転進。戦争体験世代の心情と、若者の絆を細やかに描き出している。 N・K芸術学院の学院長に就任した木室創(長門裕之)は学生・村上大輔(井…

劇場公開日
2008年10月18日
男はつらいよ

男はつらいよ (1969)

監督
山田洋次
キャスト
渥美清, 倍賞千恵子, 森川信

山田洋次と森崎東が、脚本を共同執筆し、山田洋次が監督した人情喜劇。撮影は高羽哲夫が担当している。 車寅次郎は、フーテンの寅と呼ばれる香具師。父親と喧嘩して飛び出した中学の時以来、ひょっこり故郷の葛飾柴又に帰って来た。なぜなら唯一人の妹・さくらを残して両親が死んだと風の便りに聞い…

劇場公開日
1969年8月27日