全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

1965

Utsukushisa to kanashimi to

美しさと哀しみと

With Beauty and Sorrow

公開日
1965年2月28日
上映時間
106 分
ジャンル
劇映画
カラー
-
上映フォーマット
-

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

松竹

【配給会社(国内)】

松竹

【解説】

川端康成の同名小説を山田信夫が脚色、篠田正浩が監督した女性ドラマ。撮影は小杉正雄が担当している。
鎌倉に住む作家大木年雄は、新しい年を京都で迎えたいと思っていた。大木の心の中には、京都で絵筆をふるう上野音子の面影があった。20年前大木は妻子ある身で、少女であった音子を愛した。大木の子供をみごもった音子は、その日から平凡な女の幸せを奪われ、死産というショックを経て、自殺を計った。そして大木はこの事件を描いた作品で文壇に地位を築いたのだった。大木が京都を訪れた時、迎えに出たのは音子の弟子の坂見けい子だった。そして音子と会った大木は、その冷やかな態度に、ある虚しさが残った。ただ「少し気違いさんです」と紹介されたけい子の妖しい魅力に、惹かれるものがあった。けい子は、音子を姉のように慕っていたが、音子から大木の話を聞くと、彼女は大木への復讐を誓った。梅雨の頃、けい子は自作の絵をもって、鎌倉の大木の家を訪ねた。私立大の講師をする一人息子太一郎の案内で、けい子は楽しい日を過ごした。その夜けい子は大木に抱かれた。けい子から大木との、一夜を聞いた音子は、なぜか嫉妬心にかられた。年月がたつにつれ、音子の心の中で大木との交情が浄化されていた。そして、妖しいけい子との同性愛に溺れる音子であった。夏のある日、京都を訪れた太一郎を、けい子は琵琶湖へ誘った。「音子先生の復讐を太一郎さんでやるんだ」けい子の心は高なった。

【映連データベースの作品紹介ページより】

【海外窓口】

松竹(株)
104-8422 東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル13F
担当:佐藤究
tel: 03-5550-1623
fax: 03-5550-1654
E-mail: ibd@shochiku.co.jp
http://www.shochiku.co.jp


関連作品

スパイ・ゾルゲ

スパイ・ゾルゲ (2003)

監督
篠田正浩
キャスト
イアン・グレン, 本木雅弘, 椎名桔平

篠田正浩監督が構想10年、製作費20億円を投入して完成させた超大作。 昭和16年、ふたりの男が逮捕される。世界を震撼させるほどのスパイ組織の中心人物リヒャルト・ゾルゲ(イアン・グレン)と、彼に情報を提供していた新聞記者・尾崎秀実(本木雅弘)である。ふたりは8年前上海で出会い、…

劇場公開日
2003年6月14日
ゆずり葉の頃

ゆずり葉の頃 (2014)

監督
中みね子
キャスト
八千草薫, 風間トオル, 仲代達矢

故・岡本喜八監督の妻にして、映画プロデューサーでもある中みね子が監督に初挑戦したヒューマンドラマ。1枚の絵をめぐり、年老いた女性が若き日に秘めていた想いを紡ぐ。第36回モスクワ国際映画祭で上映された。 市子(八千草薫)は、少女の頃に想いを寄せ、現在は画家として活躍する宮(仲代達…

劇場公開日
2015年5月23日
葬式の名人

葬式の名人 (2019)

監督
樋口尚文
キャスト
前田敦子, 高良健吾

ノーベル賞作家・川端康成の「十六歳の日記」「師の棺を肩に」などを原案に、映画評論家としても活動し、2013年のデビュー作『インターミッション』で注目を集めた樋口尚文監督が映画化。 大阪府・茨木のアパートで息子と暮らす雪子(前田敦子)のもとに茨木高校の同級生・吉田(白洲迅)の訃報…

劇場公開日
2019年9月20日
古都

古都 (2016)

監督
Yuki Saito
キャスト
松雪泰子, 橋本愛, 成海璃子

ノーベル賞作家・川端康成の長編小説を、双子の主人公のその後の物語として映画化。監督・脚本を務めるのは、CM監督としても国内外で高い評価を受けているYuki Saito。松雪泰子が1人2役で双子の姉妹を演じる。 幼い頃に生き別れた双子の姉妹・千重子(松雪)と苗子(松雪)は大人にな…

劇場公開日
2016年12月3日