全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

1967

Sei no kigen

性の起源

Libido

公開日
1967年6月28日
上映時間
92 分
ジャンル
劇映画
カラー
-
上映フォーマット
-

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

松竹

【配給会社(国内)】

松竹

【解説】

新藤兼人がオリジナル・シナリオを執筆し、監督した。「本能」のテーマをひき継いだ異色作。撮影は黒田清巳が担当している。
ノイローゼで入院している彼は、相部屋の少女のベッドに入り、少女に騒がれて医師から厳しく叱責された。51歳の彼は友人の死を聞いて不安に襲われ、突飛な行動に出たのである。病院を出て出社した彼は、日ごとに衰えていく自分の体力を意識して全く元気がなかった。それはまた息子の道夫が日毎ごとにたくましく成長していくのを意識するからでもあった。ある日、道夫は彼が少女のベッドを襲ったことを知った。道夫はその少女を探そうと思った。やがて、洋服店に勤める少女を探しあてた道夫は、彼女を誘い出し、その後、二度、三度と会うようになった。そして、少女をドライブに誘った日、海岸の松並木で道夫は少女に挑んだ。それは親に代ろうとする自然の性本能だった。一方、会社で休職を要請された父親の彼は、再入院の身となった。虚脱したような毎日の中で、妻は病室に迷い込んできた鳩を飼い、彼を慰めようとするのだった。初夏、彼は突然、海へ行きたいと言い出した。結婚して23年ぶりに、二人は人っ子一人見えない、白くうねる砂丘で戯れあった。二人は裸になって泳ぎ、大自然の中で抱きあった。しかし、砂丘で警官に会った彼は、病院に帰ってからも人前でおどおどするようになった。ある日、会社に辞職願いを出した彼は病院の階段の下に落ちて死んでいた。彼の妻はひっそりと葬式を終えた。道夫は少女と結ばれていたが、彼の妻は、人間が生まれ、滅び、血のつながりを受け継いでいく天の摂理のようなものを見て、不思議な感動にうたれるのだった。

【映連データベースの作品紹介ページより】

【海外窓口】

松竹(株)
104-8422 東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル13F
担当:佐藤究
tel: 03-5550-1623
fax: 03-5550-1654
E-mail: ibd@shochiku.co.jp
http://www.shochiku.co.jp


関連作品

一枚のハガキ

一枚のハガキ (2011)

監督
新藤兼人
キャスト
豊川悦司, 大竹しのぶ, 六平直政

国内外の映画祭で数々の賞に輝き、日本を代表する最高齢の監督・新藤兼人。「映画人生最後の監督作」と自ら語る本作は、実体験をもとに、戦争によって人生を狂わされる庶民の心情に肉迫したドラマ。戦争末期、中年兵として徴収された松山啓太(豊川悦司)は、死を覚悟した仲間から一枚のハガキを受け取…

劇場公開日
2011年8月6日
石内尋常高等小學校 花は散れども

石内尋常高等小學校 花は散れども (2008)

監督
新藤兼人
キャスト
柄本明, 豊川悦司, 六平直政

モスクワ国際映画祭グランプリなど、海外映画祭でも数々の受賞歴を誇る新藤兼人監督の最新作。創作活動をスタートさせて70年、日本映画現役最高齢となる96歳の新藤監督は、小学校時代の恩師との思い出と、自身の恋愛エピソードを基にこの作品を作り上げた。 大正末期。広島の山間にある石内尋常…

劇場公開日
2008年9月27日
ふくろう

ふくろう (2003)

監督
新藤兼人
キャスト
大竹しのぶ, 伊藤歩

創立52周年を迎えた近代映画協会が、92歳になる日本の現役最長老監督・新藤兼人を迎え、監督自身の念願の企画を実現した。戦後、東北のとある開拓村。いまでは37歳の母(大竹しのぶ)と17歳の娘(伊藤歩)の一組の親子が住んでいるだけの寂れた村である。不毛な土地の開拓は容易ではなく、みな…

劇場公開日
2004年2月7日
陸に上がった軍艦

陸に上がった軍艦 (2007)

監督
山本保博
キャスト
新藤兼人, 大竹しのぶ, 蟹江一平

『裸の島』『生きたい』の新藤兼人監督の戦争体験を、証言と再現ドラマで構成したドキュメンタリー・ドラマ。弱兵の目線で戦争の不条理さを訴え、戦争のおろかさを描く。原作・脚本・証言者として新藤監督も参加。永年彼の助監督を務めていた山本保博監督デビュー作。 1944年春、シナリオライタ…

劇場公開日
2007年7月28日