全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

1967

Mesu ga Osu o kuikorosu, Sambiki no kamakiri

雌が雄を喰い殺す・三匹のかまきり

The Stronger Sex

公開日
1967年10月26日
上映時間
93 分
ジャンル
劇映画
カラー
-
上映フォーマット
-

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

松竹

【配給会社(国内)】

松竹

【解説】

池田一朗と井上梅次が共同でシナリオを執筆し、井上梅次が監督した続編。撮影は丸山恵司が担当している。
既製服の大手メーカーのムラキ商事では社長の軍平がワンマンぶりを発揮していた。重役陣を長男の昭、その腹違いの妹あかねと一族で固めていたが、昭もあかねも社長の椅子を狙っていた。昭は同級生である営業部長の大場を常務に昇格させることで、自分がまず副社長の椅子に座ろうとしていたのだが、軍平の反対でその計画は駄目になった。プレイボーイの大場は、妻の洋子を昭の自由にさせる一方、自分はモデルのジュリーと関係をつづけ、あかねとも交渉を持っていた。そんな時、海に遊びに行った洋子がヨットから海に落ちて行方不明になったという知らせが届いた。大場はその機会を幸いとばかりにあかねと結婚し、取締役の地位をつかんだのである。しかし洋子は死んではいず、大場は重婚を楯に脅され、洋子に多額の金を払わねばならなかった。経理に穴をあけたのはそのためで、昭とも反目しあうようになってしまった。昭が、自室でガス中毒死したのはそんな時だった。大場はそのため警察に疑われ、取調べを受ける破目になったが、それは大場の犯行ではなかった。当然証拠もなく、やがて釈放されたが、続いて軍平が何者かに撲殺された時は、凶器の銀製品に大場の指紋がついていたことから、彼はすぐ逮捕された。軍平の死の直前、大場とあかねは犯行現場にいたのだから、大場の犯行でないのを知っているはずのあかねは裁判で、大場の犯行だと証言したのである・・・。

【映連データベースの作品紹介ページより】

【海外窓口】

松竹(株)
104-8422 東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル13F
担当:佐藤究
tel: 03-5550-1623
fax: 03-5550-1654
E-mail: ibd@shochiku.co.jp
http://www.shochiku.co.jp


関連作品

島田洋七の佐賀のがばいばあちゃん

島田洋七の佐賀のがばいばあちゃん (2008)

監督
島田洋七
キャスト
香山美子, 高島礼子, 小林綾子

シリーズ累計670万部という島田洋七の大ヒット回顧録「佐賀のがばいばあちゃん」を、彼自身が監督・脚本を手掛けて映画化。持ち前の明るさと機転の利いた言葉の数々で、貧乏をはね飛ばす“がばい(ものすごい)”祖母と少年の共同生活を涙と笑いタップリに映し出す。昭和33年、生活苦から佐賀県に…

劇場公開日
2009年4月25日
鏡の女たち

鏡の女たち (2002)

監督
吉田喜重
キャスト
岡田茉莉子, 田中好子, 一色紗英

大島渚らとともに「日本のヌーヴェルヴァーグ」と呼ばれ、海外からも高い評価を受けてきた吉田喜重が14年ぶりに撮った作品。 川瀬愛(岡田茉莉子)は24年前に失踪した娘・美和を探し続けていた。ある日美和の母子手帳を持っている女性が見つかるが、尾上正子と名乗るその女性(田中好子)は記…

劇場公開日
2003年4月5日
酔いがさめたら、うちに帰ろう。

酔いがさめたら、うちに帰ろう。 (2010)

監督
東陽一
キャスト
浅野忠信, 永作博美, 香山美子

第23回東京国際映画祭「日本映画・ある視点」部門に出品された家族ドラマ。『絵の中のぼくの村』(1996)でベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞した東陽一監督が、鴨志田穣による自伝的小説を映画化。戦場カメラマンの安行(浅野忠信)は、自身のアルコール依存症により漫画家の由紀(永作博美)と離…

劇場公開日
2010年12月4日
ざ・鬼太鼓座デジタルリマスター

ざ・鬼太鼓座デジタルリマスター (1981)

監督
加藤泰
キャスト
河内敏夫, 林英哲, 大井良明

加藤泰監督の遺作のとなったドキュメンタリー『ざ・鬼太鼓座』を、35mmネガフィルムを4K解像度でスキャンし、2Kでデジタルリマスター。佐渡ヶ島で太鼓を鳴らし続ける芸能集団「鬼太鼓座」の若者たちを描く。 海を渡って佐渡ケ島にやってきた若者たち。鬼太鼓座の一員として、雪の積もった町…

劇場公開日
2017年1月21日