全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

1972

Oitsumeru

追いつめる

Chase That Man

公開日
1972年2月23日
上映時間
93 分
ジャンル
劇映画
カラー
-
上映フォーマット
-

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

松竹

【配給会社(国内)】

松竹

【解説】

広域暴力団殱減に命を賭ける退職警察官対暴力団幹部の激闘を描いたストーリー。原作は暴力団掃討作戦に材を得た生島治郎の同名小説。脚本は野上龍雄、監督は舛田利雄、撮影を小杉正雄がそれぞれ担当している。
神奈川県警の部長刑事志田司郎が暴力団浜崎組殱減に命を賭けてから7年、浜崎組は膨大にふくれあがり、今や警察権力の介入も容易ではなくなった。今日も、岳父来水が浜崎組の事業面を牛耳る三隣企業の社長奥田正紀に250万円ゆすり取られるのを目撃しながら、志田は指一本だせずに引き下った。数日後、浜崎組の武上次郎が出所してきた。7年前、彼は関西暴力団との抗争で、浜崎組のリーダー青谷功と起こした殺傷事件の罪をひとり背負って志田に逮捕されたのだが、今の浜崎組には彼のポストはなく、情婦多喜子さえ青谷に奪われていた。ある日、武上に斬られた関西暴力団の桑田が武上を襲った。武上は落魄した桑田を相手にしなかったが、やがて桑田の射殺死体が運河に浮かんだ。復讐を恐れた青谷の仕業と睨んだ志田は、乗松刑事と共に青谷逮捕に向った。逃げる青谷に向って志田が発射した瞬間、居合わせた武上が志田の足を払い、弾は誤って乗松刑事に命中した。誤射事件はマスコミの非難を浴び、志田は辞職した。退職金を乗松に届けたが、夫を廃人にされた夫人は受けつけようとしなかった。鬱鬱たる志田に草柳から呼びだしがあり、逃げた青谷が浜崎組経営の”京浜レンタカー”に潜んで、いることを漏らした。志田は警察に利用されていると知りながら組織暴力団殱減のため青谷を追った・・・。

【映連データベースの作品紹介ページより】

【海外窓口】

松竹(株)
104-8422 東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル13F
担当:佐藤究
tel: 03-5550-1623
fax: 03-5550-1654
E-mail: ibd@shochiku.co.jp
http://www.shochiku.co.jp


関連作品

ニセ札

ニセ札 (2009)

監督
木村祐一
キャスト
倍賞美津子, 段田安則, 青木崇高

お笑い芸人、構成作家、俳優とマルチに活躍する木村祐一が、キャストも兼ねて長編監督デビューを果たしたサスペンス・ドラマ。終戦直後の山梨県で実際に起こった事件をモチーフに、貧しい村人たちが偽札作りに関わることになる過程を、風刺を効かせてユーモラスに追って行く。テンポのいいオリジナル脚…

劇場公開日
2009年4月11日
レディ・ジョーカー

レディ・ジョーカー (2004)

監督
平山秀幸
キャスト
渡哲也, 長塚京三, 徳重聡

『愛を乞うひと』『魔界転生』の監督として知られる平山秀幸がメガホンを取った社会派サスペンス映画。原作は、1984年に日本中を震撼させた菓子製品への毒物混入事件、「グリコ・森永事件」に着想を得て書かれたもの。業界最大手のビール会社である日之出ビールの社長が誘拐された。「レディ・ジョ…

劇場公開日
2004年12月11日
東京流れ者

東京流れ者 (1966)

監督
鈴木清順
キャスト
渡哲也, 松原智恵子, 川地民夫

ヤクザ稼業から不動産業へと変わった倉田組に属する本堂哲也(渡哲也)は、自身も恋人で歌手の千春と結婚し、ヤクザを辞める決意をしていた。しかし、倉田組と敵対する大塚組からの執拗な攻撃と、それが自分の恋人にまで及んだことを知ったとき、哲也の怒りが炸裂する・・・。ボスに裏切られ“流れ者”…

劇場公開日
1966年4月10日
母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。 (2019)

監督
大森立嗣
キャスト
安田顕, 倍賞美津子, 松下奈緒

大森立嗣監督が、親子の絆をコミカルかつハートフルに綴るヒューマンドラマ。『愛しのアイリーン』の安田顕と、『楢山節考』の倍賞美津子が、親子役で共演。 最愛の母・明子(倍賞)を亡くし意気消沈するサトシ(安田)。子供の頃から泣き虫でお調子モノだったサトシは、いつも明るくパワフルな母に…

劇場公開日
2019年2月22日