全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2006

Soredemo Boku ha Yattenai

それでもボクはやってない

I JUST DIDN’T DO IT

(c)2006 フジテレビジョン アルタミラピクチャーズ 東宝

(c)2006 フジテレビジョン アルタミラピクチャーズ 東宝

(c)2006 フジテレビジョン アルタミラピクチャーズ 東宝

(c)2006 フジテレビジョン アルタミラピクチャーズ 東宝

(c)2006 フジテレビジョン アルタミラピクチャーズ 東宝

(c)2006 フジテレビジョン アルタミラピクチャーズ 東宝

公開日
2007年1月20日
上映時間
143 分
ジャンル
ドラマ , 劇映画
カラー
Color
上映フォーマット
35mm

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

フジテレビジョン, アルタミラピクチャーズ, 東宝

【解説】

就職活動中の金子徹平(加瀬亮)は、面接に向かう満員電車で痴漢に間違われて、現行犯逮捕。警察署の取り調べで無実を主張するが、徹平の訴えには耳も貸してもらえない。その後、検察庁の取調べでも無実の主張は認められず、起訴されてしまう。ベテランの荒川弁護士(役所広司)と新米女性弁護士の須藤(瀬戸朝香)が徹平の弁護を担当。徹平の母親や友人たちも協力し、徹平の無実を信じて証拠集めに奔走する。電車に乗り合わせていた目撃者を探し出し、裁判に臨むが有罪判決が下される。徹平の裁判は今後も続いていく……。
冤罪で逮捕された青年の裁判を通じて、日本の刑事裁判の問題を描く。現在日本では刑事事件で起訴された場合、裁判での有罪率は99.9%と言われている。監督・脚本は『Shall we ダンス?』の周防正行。徹平を『硫黄島からの手紙』の加瀬亮、荒川弁護士を『バベル』の役所広司が演じる。

【公式サイト】

http://www.soreboku.jp/

【映画祭・受賞歴】

ヴァンクーバー国際映画祭 2007
ニューヨーク映画祭 2007
ロンドン映画祭 2007
パームスプリングス国際映画祭 2007

【海外窓口】

この作品については、こちらからお問い合わせください。→お問い合わせ