全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2007

Tsubaki sanjuro

椿三十郎

Sanjuro

(c)2007「椿三十郎」製作委員会

(c)2007「椿三十郎」製作委員会

(c)2007「椿三十郎」製作委員会

(c)2007「椿三十郎」製作委員会

(c)2007「椿三十郎」製作委員会

(c)2007「椿三十郎」製作委員会

公開日
2007年12月1日
上映時間
119 分
ジャンル
アクション・冒険 , ドラマ , 劇映画 , 長編
カラー
Color
上映フォーマット
35mm

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

「椿三十郎」製作委員会

【解説】

黒澤明のアクション時代劇『椿三十郎』を、『サウスバウンド』の森田芳光がリメイク。菊島隆三、小国英雄、黒澤明が手掛けた当時の脚本を使用した。
井坂伊織(松山ケンイチ)ら9人の若侍たちは、城代家老・睦田に上役の汚職粛清の意見書を出すが、聞き入れてもらえない。話を快諾したのは大目付役の菊井で、その夜、若侍を社殿に集合させる。待機していた彼らの前に、話を聞いていた浪人・椿三十郎(織田裕二)が突然、奥の間から現れ、汚職事件の黒幕は菊井だと指摘する。その言葉は正しく、建物は菊井の身内に囲まれていた。椿の機転で若侍らは危機から逃れられるが、睦田は意見書から黒幕を突き止められるのを恐れた菊井により捕られていた。必死の捜索の末、睦田は若侍たちが集まっていた家の隣家にいることが判明する。椿が敵を引き付けている間に若侍が乗り込み、睦田を助けるという作戦を決行。作戦は成功し、救出を見届けた椿は姿を消す。

【公式サイト】

http://www.tsubaki-sanjuro.jp

【海外窓口】

この作品については、こちらからお問い合わせください。→お問い合わせ