全検索

タイトル検索

公開年:
製作年:

※検索オプション

スタッフ・キャスト検索

※検索オプション

会社・団体検索

※検索オプション

カテゴリー

ジャンル

ジャンル詳細

2018

Kyonen no fuyu kimito wakare

去年の冬、きみと別れ

Last Winter, We Parted

(c)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

(c)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

(c)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

(c)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

(c)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

(c)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

(c)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

(c)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

(c)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

(c)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

(c)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

(c)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

公開日
2018年3月10日
上映時間
118 分
ジャンル
劇映画
カラー
Color
上映フォーマット
DCP
字幕入り上映
フォーマット
英語 (DCP)

【監督】

【プロデューサー】

【キャスト】

【スタッフ】

【製作会社】

映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

【配給会社(国内)】

ワーナー・ブラザース映画

【制作会社】

C&Iエンタテインメント

【解説】

作家・中村文則の同名サスペンス小説を映画化。人間の内面に肉薄した究極の“愛”を描きながら、猛スピードで先の読めないストーリーが展開していく。
スクープを狙う若き記者・耶雲恭介(岩田剛典)は、最愛の人百合子(山本美月)との結婚を間近に控え、本の出版を目指していた。選んだ題材は、謎が残る盲目の美女の焼死事件とその容疑者である天才カメラマン・木原坂雄大(斎藤工)。真相に近づくにつれ、木原坂の闇に堕ちていく耶雲の運命は…。

【公式サイト】

http://wwws.warnerbros.co.jp/fuyu-kimi

【海外窓口】

ワーナーブラザースジャパン(同)
ワーナー・ブラザース映画

担当:田村久理
E-mail: kuri.tamura@warnerbros.com
http://www.warnerbros.co.jp


関連作品

樹の海

樹の海 (2004)

監督
瀧本智行
キャスト
萩原聖人, 井川遥, 池内博之

自殺の名所として知られる富士山麓の青木ヶ原樹海を舞台に、「死」に直面した人々がそこから「生」を見出していく様を4つのエピソードで展開。暴力団組織にそそのかされて5億円もの公金を横領した朝倉(萩原聖人)は、口封じのために暴行を受け、樹海に遺棄されてしまう。一命を取り留めた彼は、今ま…

劇場公開日
2005年6月25日
グラスホッパー

グラスホッパー (2015)

監督
瀧本智行
キャスト
生田斗真, 浅野忠信, 山田涼介

ベストセラー作家・伊坂幸太郎のサスペンス小説を実写化。恋人を喪った元教師、ターゲットを自殺に追い込む異能者、ナイフ使いの殺し屋の運命が、思わぬ形で交錯する様子を描く。監督の瀧本智行が、『脳男』でもタッグを組んだ生田斗真を再び主演に迎える。 恋人をひき逃げした犯人に復讐するため、…

劇場公開日
2015年11月7日
イキガミ

イキガミ (2008)

監督
瀧本智行
キャスト
松田翔太, 山田孝之, 塚本高史

原作は、100万部(単行本4巻の累計)を超えるヒットコミック。普段コミックを読まない人々や女性層の支持を受け、53社からの映像化オファーの争奪戦の末、映画化された。 1,000人に1人の若者が国家によって「繁栄の礎」となる「死」を強制される世界。厚生保健省の国家公務員・藤本賢…

劇場公開日
2008年9月27日
脳男

脳男 (2013)

監督
瀧本智行
キャスト
生田斗真, 松雪泰子, 江口洋介

並外れた知能と体力を持つ一方、人間的な感情を一切持たない謎の男“脳男”を描くバイオレンス・ミステリー。監督は『犯人に告ぐ』『イキガミ』など人間ドラマに定評のある瀧本智行。脚本は真辺克彦と国内映画賞を総なめにした『八日目の蟬』の監督・成島出が担当。 都内近郊で無差別連続殺人事件が…

劇場公開日
2013年2月9日